2013年間BEST SONGS 20 + @

‐‐‐ 2013年間BEST SONGS 20 ‐‐‐

2013年になって発表された楽曲から20曲を個人的な好みで順位付けしています。

stillwego

 第20位 SIAM SHADE / Still We Go

僕の敬愛するバンドの約12年ぶりの新曲。2年ぶりとなる今回の復活では、新曲も制作されたわけですが、もう新曲が出るってだけで嬉しい。今をポジティヴに生きていく事、輝く未来へ希望を持って突き進むことをストレートな曲調と歌詞で表現した、彼等らしい真っすぐなロック。12年ぶりの全国ツアー「HEART OF ROCK 7」も最高でした!

 sakanaction (初回生産限定盤CD+DVD)

 第19位 サカナクション / ミュージック

音作りとしてはより玄人向けになっていってる気はするんだけど、いい意味でポップでメジャー感があって親しめる。自らの特色を薄めることなく、さらに幅広いフィールドへと漕ぎ出して成功を収めている彼等って単純に凄いなと。アルバムの中で一番好きな曲がこれ。まさか紅白に出るとは驚いたけど。

Sunbather

第18位 Deafheaven / The Pecan Tree

昨年の名古屋での来日公演で20人強という悲惨な集客を乗り越え、Pitchforkの年間ベストアルバム6位に選出されるまでに飛躍。なぜか#1「Dream House」がやたら推されておりますが、彼等の特性を考えるとこちらの曲でしょう。ブラックメタルの痛快なスピート感から美しいメロディ、envy的な展開を挟んで艶やかに変容する見事さに参ります。

ABAYO 初回限定盤

 第17位 恵比寿マスカッツ / ABAYO

も ろにハム太郎のイントロから明るくABAYOを告げる卒業ソング(おねマスの歴史が詰まったPVも良い)。5年続いたおねマスが終わり、この逆走アイドル・グループも解散してしまったわけですが、何とか復活しないかなあと期待し続けています(無いと思うけど)。ちなみに彼女達の曲で一番好きな曲は「12の34で泣いて」、次いで「チヨコレイト」か「ハニーとラップ♪」かな。

刻光 (コクコウ)

 第16位 heaven in her arms / 終焉の眩しさ

COHOLとのスプリットからの1曲。八つ裂きにするトレモロ・リフと疾走ビートが濁流のように押し寄せ、胸掻き毟る展開へと持っていく痛快な一撃。heaven in her armsらしくぶちかましてくれて、文句なし。ハードコアにとどまらない深化を遂げてきた彼等だからこその貫禄も感じます。

 なんだこれくしょん(通常盤)

 第15位 きゃりーぱみゅぱみゅ / にんじゃりばんばん

きゃりーぱみゅぱみゅはかわいいし、今年の顔なんで当然選びます(笑)。「み」も「のりことのりお」も良かった。

 Palms

 第14位 Palms / Future Warrior

だって、もろに後期ISISなんだもん。信者の心にそりゃあ刺さるわけですよ。そんなDeftonesのチノ+ISISの玄人3人衆の新バンド。

 天庭(初回生産限定盤)(DVD付)

 第13位 あさき / 天庭

周りがえらく評価しているなあと軽い気持ちで聴いてみたら、あまりにも濃すぎて腰抜かしたあさき先生の2ndアルバム。その表題曲になる「天庭」は、他のアーティストのアルバム1枚分に比肩する濃度と構成で組み立てられた10分間で、圧倒されます。90年代V系テイストが入ってるところも個人的には好きなんですよね。

 turnaround

 第12位 東京酒吐座 / Tasogare Perspective

こじらせたシューゲイザー愛と共に突き進んだ彼等もまさかの10月に解散。発表した2枚のアルバムを気に行っていただけに、残念無念。ただ、色褪せぬ傑作である2ndアルバムからのこの曲は、cali≠gariの桜井青氏の詩をBPのイチマキさんが可憐に歌い上げる。美しく幻想的な仕上がりにかなり惹かれました。

 第五作品集『無題』

 第11位 downy / 春と修羅

9年ぶりの復活作のアルバム先行曲。時代を創った人達の音は違う。

 「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 通常盤CD

 第10位 BABYMETAL / Catch me if you can

普通なら「I.D.Z」とか「メギツネ」を選ぶところだと思うんですけど、NARAMETAL(NARASAKI)作曲の本曲は、3人のキャラクターが存分に引き立った1曲で、彼女達がこれまで発表した中で一番聴いた曲なので選出。来年発売の1stアルバムが楽しみですね。

 まともがわからない(初回限定盤)

第9位 坂本慎太郎 / まともがわからない

日本のサイケ界の大御所のテレビドラマの主題歌ともなった1曲。脱力していて、かつてほどのサイケ色も無いのに、物凄い引力を持つ不思議な楽曲ですよね。ドラマの最後でこれが流れるところが、とても良かった。2曲目の「死者より」もお気に入り。

 khmerafter

 第8位 Khmer / Restos de un naufragio

レーベルとしても始動した3LAさんの記念すべきリリース第1弾のスプリットからの1曲。Khmerは、スパニッシュ・ネオクラストとして伝説の存在と化しているIctusのメンバーを中心に構成されており、本曲では意表を突く美しいアルペジオから堰を切ったように溢れだす怒涛の暴虐サウンドが極限の状態に持っていってくれます。激音好き必聴。

endless summer[Analog]

第7位 Vampillia / Endless Summer

今年はNHKに出たり、WOWOWに出たりと例年以上に型破りかつ自由奔放に振る舞った、関西のブルータル・オーケストラによる夏の贈り物。ツジコノリコをゲストに迎え、彼女のウィスパーヴォイスを生かすことでピアノを中心とした清冽とした美しいパートに磨きをかけているが、爆走ドラムを皮切りにトレモロとデス声による悪夢の轟音が台無しにするのは流石。Vampilliaらしいロマンティシズムとユーモアに溢れた仕上がりで、キャリアでも屈指の1曲だと思います。

thesound

 第6位 weave / into the everyday life

去年から90’s Emoにはまっているというのもあるのですが、彼等の飾らないピュアなエモーションと哀愁のメロディが強く胸を打ちます。1stアルバム『The Sound』は非常に印象的なアルバムで、このあとのベストアルバムの方にも当然入ってくるんですが、特にこの曲のエモさがたまらなく好き。

Vertikal

第5位 Cult Of Luna / In Awe Of

典型的な静・動のポストメタルの展開に、宇宙規模のスケール感を加味。過去の大名曲「Leave Me Here」に肩を並べる名曲を生み出したと素直に思います。ただ、COLも新作『Vertikal』でやりきってしまったらしく、来年で活動休止してしまうそうで。最後まで美学を貫くのがポストメタル界隈では定番化してきているのか、残念。

A WILL

第4位 LUNA SEA / Thoughts

祝・13年5カ月ぶりのフルアルバム発売という大イベントに歓喜しましたが、「TONIGHT」に続く疾走感とロックの力強さを兼ね備えたこのシングル曲は、REBOOT後の曲の中で一番好きな曲です。何がいいって、これ前にも聴いたことがあるって感じなのがいいよね(笑)。多少の変化はあるにせよ、LUNA SEAはこうでなくっちゃっていうらしさが貫かれている。

harunohi

第3位 cali≠gari / 春の日

CDも7inchも限定縛りで発売されたシングル。既に入手困難になっているのが非常にもったいないと感じるぐらいの名曲で、彼等にしては珍しい桜色のラヴ・ソングだけども、アコースティックなサウンドと流麗な電子音の彩りがホロっときます。カップリングには、岡村ちゃんのカバー曲「Dog Days」を収録(CDの方ね)。

 Silver Tongue

第2位 Light Bearer / Beautiful Is This Burden

ポストメタルの重量感を基盤に置きつつも、華やぎと色彩美をもたらすストリングスや管楽器とのアンサンブルが見事であり、Sigur Rosの『Takk』にも通ずる美と多幸感が盛り込まれている。2011年から毎年上位に挙げるほどLight Bearer信者のわたくしですが、新作『Silver Tongue』を象徴するこの曲は、彼等のこれからの代表曲になるであろう大名曲だと思います。

youth(青春)

第1位 bloodthirsty butchers / デストロイヤー

【選外で気に入ってる20曲】

・Archaique Smile / Melting Mind
・Earthless / Violence Of The Red Sea
・Glaschelim / Nuclear
・James Blake / Retrograde
・Jesu / Homesick
・kamomekamome / 瞬く街
・The Ocean / Mesopelagic:Into The Uncanny
・Pelican / Deny The Absolute
・Perfume / Magic Of Love(Album-mix)
・Russian Circles / Memorial
・Shining / I Won’t Forget
・tofubeats / Don’t Stop The Music
・vistlip / CHIMERA
・Year Of No Light / Gehenne
・赤い公園 / 今更
・黒夢 / 後遺症-aftereffect(2013 New Recording)
・スルースキルズ / ののしって
・でんぱ組.inc / でんでんぱっしょん
・栄喜 / あのゴール成し遂げる所まで
・摩天楼オペラ / 喝采と激情のグロリア


‐‐‐ 2013年間BEST LIVE 10選 ‐‐‐

20130206_5

■ 02/20 Converge & Old Man Gloom @ 名古屋ボトムライン

待望のコンヴァージの来日、そしてついに来日となるOMGのカップリング・ツアー。地響きの如きスラッジ・サウンドを鳴らしたOMGは、さすがにボストン・オールスターズの貫禄を感じたし、壮絶なるハードコアで会場を熱くしたコンヴァージはやっぱり現在のシーンの頂点に君臨するバンドだと再認識。このカップリングを組んだ主催者に感謝です。

■ 04/06-07 恵比寿マスカッツ @ 舞浜アンフィシアター

番組終わって解散するとなって、最後が絶対に見たい!と思って行きましたが、逆送アイドルのコンサートでこんな感動するとは思ってなかった(笑)。内容としては、おねマスの名物コーナー「小奥」やハプニングやゲスト(ダイノジ大地)も出てきた前夜祭の方が集大成といった感じで良かったですが、翌日の卒業式の最後の卒業証書でおぎやはぎが出てきた時には、アラサーのわたくしの目から汗が(苦笑)。最後を見届けることができて良かったかなあと。あと、12/18に発売された『おねマスDVD-BOX』をどなたかが僕にクリスマス・プレゼントしてくれると嬉しい。

■ 05/12 OZZFEST JAPAN 2013 DAY2 @ 幕張メッセ

ラインナップが発表されるごとに罵声が飛ばされることとなった初上陸のこのフェスですが、行ってみたら単純に楽しかったし、良かったんじゃないかな。いくら批判されようが、客集めれば官軍的なところはあったわけなんだけども、僕が行った2日目は日本バンドのヘヴィ・ミュージックの今を感じれるメンツが割と揃っていたし、大レジェンドは見ることができたしで満足。結局のところ、Toolがとても素晴らしかったという事に落ち着きます。

■ 05/15 Sigur Ros @ ZEPP NAGOYA

ヨンシーのソロ・ライヴは3年前に見たけど、実はシガー・ロスの単独公演は初見。メンバーとサポート合わせて11名の大所帯で奏でる奇跡のような音楽は、うっとりとするような美しい空間を作り上げていて素敵でした。しかし、辺境地・名古屋のライヴハウスだと最強キャパのZEPP NAGOYAを満員にするシガー・ロスって恐ろしいな。今、外タレだとクアトロですら埋まらないなのがほとんどなのにね。

■ 06/08 envy @ 名古屋池下CLUB UPSET

結成20周年を祝う記念の東名阪ツアー・名古屋編。えー、これを演奏するの!?っていうぐらい初期の楽曲をキーにして、envyの歩んできた20年という歴史を凝縮したライヴ。今まで見たenvyのライヴの中でもフジロック2011と並ぶぐらいに印象的なものでした。

■ 07/21 DEAD END 主催イベント『四鬼夜行 -五喰- 』 @ 赤坂BLITZ

DEAD END、cali≠gari、Borisという三者三様の世界が広がるとてつもないイベントに、僕が行かないわけありません。Borisのアウェイ感に半端無いものを感じつつもその轟音で人々を酔わせ、cali≠gariはエンターテイメントなステージで楽しませ、DEAD ENDの重鎮の貫禄に圧倒される。最後は出演3バンドによるセッションも見れたし、素晴らしかったです。僕はこの日が誕生日だったんですけど、本当に良い一日になりました。

■ 08/11 SUMMER SONIC ’13 OSAKA DAY2

あ~ちゃんかわいい、すぅちゃんかわいい、メタリカおじさーん。朝から野外ステージにずっといて、肌の変色ぶりに驚愕しながらも、メタル・レジェンドから今をときめくアイドルまで堪能できて満足満足。特にBABYMETALですよ。

■ 10/05 Milanku & Archaique Smile @ 大阪心斎橋FAN J

大変お世話になっているTokyo Jupiter Recordsさん招聘、カナダのハードコア・バンドのMilankuの来日ツアー。胸を打つ激情~ポストメタル・サウンドは、彼等の実力の高さを物語っていたと思います。共演のbonville occident、None But Airもライヴは強烈だったし、お話しさせていただいたけど良い子たちでした。また、ツアーの全公演をサポートしたインスト・バンド、Archaique Smileのインタビュー記事も幣サイトで掲載中です。

■ 10/14 DIR EN GREY 「TOUR2013 GHOUL -mazy-」 @ ZEPP NAGOYA

オズフェスで見た時はガッカリしたんだけど、この日は黒に黒を塗り重ねるぐらいに濃かった。一見さん御断りの「MACABRE」「VINUSHKA」「Dialobos」といった長尺曲を並べ、DIR EN GREYが徹底して突き詰めた構成のライヴをやると、かくも奥深く凄いものになるのかと思い知らされるものでした。DIRのライヴはこれまでに10回以上行ってるけど、彼等の凄さを一番感じた内容だった。ちなみにDirで一番興奮したライヴは2004年に行った名古屋での男性限定ライヴ。あれは本当に熱かった。

■ 12/21 SIAM SHADE 「HEART OF ROCK 7」@ 日本武道館

元マネージャーの7回忌をきっかけに再び一致団結したSIAM SHADEの約12年ぶりとなる全国ツアー。僕も可能な限り参戦ということで、3公演に足を運んだ。レア曲中心のセットだったさいたまスーパーアリーナ公演が、一番新鮮に感じるライヴだったのですが、その中から選ぶとしたらやっぱり特別な感情に煽られた聖地・武道館でのライヴかなと。ここまで感動と興奮を味合わせてくれるバンドって、僕の中ではSIAM SHADE以外ないわけで、やっぱり本当に特別なバンドなんだなあと感じます。夢の続きよ、またいつか。

次点として、以下をあげておきます。

・02/06 My Bloody Valentine @ なんばHatch
・06/06 James Blake @ 名古屋ダイアモンドホール
・06/22 cali≠gari @ 日比谷野外音楽堂

来年も良いライヴに参加できれば良いなと。とりあえず1月はでんぱ組.incとEarthlessのライヴに出向く予定です。


‐‐‐ 2013年 旧作BEST10 ‐‐‐

インク(初回限定盤) bsot Lick me all over quietpull Bury Yourself

The Lurid Traversal of Route 7 The Power Of Failing Eucalyptus / Saturn Outhouse bluebeard nya

2013年に聴いた2012年以前のアルバムから10枚選出(番号はついていますが、順位ではありません)

01. Plastic Tree / インク
02. O / Black Sea Of Trees
03. 杏露虫 / Lick me all over
04. Suis La Lune / Quiet, Pull The Strings
05. Moirai / Bury Yourself
06. Hoover / Lurid Traversal of Rte. 7
07. Mineral / Power of Failing
08. Pitchfork / Eucalyptus
09. Bluebeard / Bluebeard
10. Raein / Il N’y A Pas De Orchestre

 去年、突如として僕の中にブームが来た90’s Emo~ポストハードコアを今年もそれなりに漁っていましたので、そこからの選出が多め。年を食ったからか、今はこの辺りの音楽と波長が合うと言いますか。聴いててもグッとくるんですよねえ。昔出たEMOの定番ディスク・ガイド・シリーズ本も買ってしまったし。前起きが長くなりましたが、以下の解説。

 プラトゥリ、O(こう書いて、Circleと読むらしい)は共に2012年作品。両者とも、昨年聴いていたら2012年BESTに選出するぐらいに良い作品でした。杏露虫は、お世話になっている3LAさんの超推薦の1枚ということで購入してみましたが、卓越した演奏と現在はCMソングの女王として活躍する女性ヴォーカルが奏でる”スウィート・オルタナティヴ”が独特の質感で癖になります。今さらのSuis La Lune(といっても去年の2ndは聴いてるんだよ)は強烈でしたし、Penfoldの面々によるMoiraiは、あのエモーショナルなサウンド を引き継ぎながら一歩踏み込んだ内容で楽しめました。

 残り5枚は今更のHoover、Mineral、Pitchfork、Bluebeard、Raeinですが、エモ~ポストハードコア、激情系でいずれも時代を作った作品として語られるものなんで、チェック推奨。それなりの高値付いてるからずっと買うのを敬遠してたんですが、ようやく買ったBluebeardは国産エモ最高峰と言われるだけあって、素晴らしい内容でございました。


‐‐‐ あとがき ‐‐‐

 今年は、初めてベスト記事を分けてみる事にしました。続きとなる2013年ベストアルバム記事は、年内ギリギリか年明けに公開予定。もうしばらくお待ちいただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする