2014/03/01 BABYMETAL「赤い夜 LEGEND “巨大コルセット祭り”~天下一メタル武道会ファイナル~」 @ 日本武道館

140301_4 140301_15

 「アイドルとメタルの融合」をテーマに、世界で旋風を巻き起こしているBABYMETALが、史上最年少となる日本武道館公演を開催。2010年の活動開始から、長い年月を経てついに実現した夢舞台は2日間にも渡り、初日が「赤い夜」、2日目が「黒い夜」と題されている。このタイトルは、かつてXが行ったライヴ「蒼い夜」「白い夜」へのオマージュなのは間違いないと思うが、両者とも壮絶なエンターテイメントを提供する辺りに、共通点が見いだせるのではないかなと個人的に感じたりしている。先週に発売された1stアルバムの完成度も非常に高く、今回の武道館公演は本当に楽しみだった。

140301_22 武道館内に入ると巨大な魔法陣のようなステージ・セットが真ん中に鎮座しており、サブタイトルにもあるように”天下一メタル武道会ファイナル”がこの上で行われることを示唆。満員に膨れ上がった観客はというと、無料で配布されたコルセットを装着し、来るべき時に備えて感情を昂ぶらせている。そして、18時20分頃に会場が暗転し、いきなりKOBAMETALのVTRが流れ出す。「ライブハウス武道館へようこそ。今宵はかつて鹿鳴館で行われた”コルセット祭”が、日本武道館に場所を移して”巨大コルセット祭”として復活する。みなのもの、首の準備はいいかー」といったアナウンスで興奮を煽る煽る。でも、いきなり「MCも無ければ、アンコールも無い」という宣言までしちゃうとは(苦笑)。

 ライヴはオープニングを飾った「メギツネ」から怒涛の演舞。魔方陣の中央でSU-METALは伸びやかな澄んだ歌声を響かせ、YUIMETAL&MOAMETALが可愛らしい振る舞いとダンス&コールで大いに盛り上げる。”カワイイは正義のトライアングル”は、こんなに大きな舞台でも決して雰囲気に飲まれることなく、平均年齢14.7歳ってのを忘れるぐらいに堂々たるパフォーマンスで観客を魅了していく。しかも序盤から「ド・キ・ド・キ☆モーニング」「ギミチョコ!!」「いいね!」と続くもんだから、熱さと一体感が半端ない。「Catch me if you can」では冒頭に神バンドが各ソロパートを挟んでから曲へ。今宵は、彼等が全曲で演奏する形を取っていたのがまた嬉しいし、だからこそより大きな興奮を生むものとなったはず。

 それに、ステージ中央の大きな魔法陣が大回転するわ、頻繁にせり上がりを利用したり、緑色のレーザービームが場内を駆け廻ったりと武道館という大会場を生かした演出も多数あった。いつものような映像の演出はゼロだったのだが、その代わりに生身のパフォーマンスでの真剣勝負。思えば、僕が凄まじい衝撃を受けた昨年のSUMMER SONIC @大阪の灼熱のステージがまさにそれだったし、今のBABYMETALと神バンドにはあの時以上の経験とエネルギーが漲っているわけで、だからこそ天下一メタル武道会ファイナルにはこの形がふさわしいと判断したのだろう。

BABYMETAL(通常盤) この日、アルバムから初披露となった「悪夢の輪舞曲」「4の歌」にしても強烈だった。特に「4の歌」は鋼鉄メタルと弛緩のレゲエを組み合わせるだけでなく、YUI&MOAでこんなにもかわいくデフォルメするんだからスゲえよな。ステージの4スミをまわってしっかりと盛り上げてくれてたしね。

 それでも初日の個人的ハイライトとなったのは、SU-METALのソロ曲「紅月-アカツキ-」。幕張でも披露されたバラードVerの序盤から、TOSHIさんマジリスペクトっす!と言わんばかりのSU-METALの「紅月だーーーーーっ!」の叫びに会場大興奮。メロスピ調のギターに合わせて火柱が次々と上がって、ステージは紅に染まる。SU-METALの凛とした立ち振る舞いと美しい歌声は非常に素晴らしかったし、神バンドのギター陣もステージ前方に繰り出し、ギターソロ~ツインリードで激しく美しく彩った。本当に感動的な1曲であった。

 ただ、「ヘドバンギャー!」の途中でYUIMETALが神隠しに遭うという予期せぬハプニングも起こってしまう。本当に突然消えてしまった感じだったが(実際にステージから落ちてしまって、しばらく動けなかったとか)、それでも残された2人で「ヘドバンギャー!」を完走する辺り、彼女達の凄さを改めて思い知る。気が動転してもおかしくないのにね。これも数々のアウェー試練を乗り越えてきた証なのかもしれない。ラストは心配されたYUIMETALが無事に復帰して、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」で締めくくり。悪いハプニングは起こって欲しくないものだが、あれがあったからこそさらなる強い一体感と熱さが生まれ、感動的なクライマックスとなったといえる。最後は全員がコルセットを高く掲げて「We Are BABYMETAL!!」のコール&レスポンスが続いた。

 そして、「メタルマスターの数々の試練を乗り越えて、BABYMETALは天下一メタル武道会に勝利し、ホンモノのメタルを手に入れた」というナレーションが流れ、「メタルレジスタンスの運命の時が迫る」という言葉が最後に残される。”何かが確実に終わる”ような緊張感を募らせていたけど、明日は果たして一体どうなるのか・・・。2日目の「黒い夜」に物語は引き継がれていく。

‐‐‐setlist‐‐‐
01.メギツネ
02.ド・キ・ド・キ☆モーニング
03.ギミチョコ!!
04.いいね!
05.Catch me if you can
06.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
07.神バンド・ソロ~悪夢の輪舞曲
08.おねだり大作戦
09.4の歌
10.紅月-アカツキ-
11.BABYMETAL DEATH
12.ヘドバンギャー!!
13.イジメ、ダメ、ゼッタイ


‐‐‐お花集‐‐‐

140301_7 140301_8

140301_6 140301_9

140301_11 140301_10

140301_12 140301_13

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!