2008/10/12 jellyfish vol.16 @ 名古屋今池TOKUZO

jelly16

 『名古屋を中心に活動するJELLYFISH(くらげ)のようにゆる~いイベント。』(左記オフィシャルサイトより引用)に行ってみた。夢中夢がツボだったのもあるし、一度こういうイベントに参加してみたいのもあって、思いきって参加。会場は名古屋は今池にあるTOKUZOというところであったが、初めて来てみてかなりびっくりした。大きなテーブルがいくつかあって、それを囲むように椅子が置いてある。食事したり飲んだりしてくつろぎながらライブを見る会場だったな(でもキャパはそんなに大きくはない)。非常に新鮮だったな、ただ自分としてはあまりこのスタイルには馴染めなかったけど・・・。

 
イリヤ-ilya- 

 最初に登場はいきなりお目当ての夢中夢の6人。会場の雰囲気を重視してかこの日は静的な楽曲を多く披露したステージだった。初っ端は女性Vo.ハチスノイトを除く5人によるインスト「灰の日」で幕開け。流麗なキーボードとヴァイオリンが曲を引っ張り、リズム隊がゆったりと刻む。そして、ギターの人がボールペンで弦をたたいて電子音っぽい音を出して寂寞とした世界を大胆に演出(一人しかいないにも関わらず、ギターっぽい音を出していない場面が多かった)。バンドの世界の表層をさらりと晒し、軽く客を酔わせる。そして、次の「塵にすぎない僕は塵に返る」のイントロ終了時に満を持してハチスノイト様が登場する。それはまさに “天女の光臨” と評すべきか。真っ白い衣装に身を包んだ姿は美しいことこの上ない。そのソプラノヴォイスが響き渡ると夢中夢という生命に血が通い、混沌とした世界に可憐な色彩で染められていく。

 「塵にすぎない僕は塵に返る」の終わりからそのままなだれ込んだ「反復する世界の果てで白夜は散る」や「眼は神」のアグレッシヴなメタルチューンの連発はハッと夢から覚めた様な現実に引き戻された。生真面目なブラストビートが随所に入ったり、猟奇的な咆哮がエグさを出したりと邪気を滲ませていく一方で、キメ細やかなメロディが美麗さを出して摩訶不思議な光沢を放っている。生で体験するとその奥深さがより一層身に染みてくる。ラストに演奏された10分越えの大曲「楽園」では静寂から轟音へと移行していく様も見事だが、グングンと天へ向かって飛翔していくようなクライマックスが絶品。ハチスノイト様の何かに取り付かれたかのようなパフォーマンスと嘆くような叫びがより世界観を際立たせていたのもあり、自然と惹きこまれていた。渾然一体となる六者の音塊に確かに魅了されていたのだ。

 ただ、メンバーの衣装の統一性の無さはちょっと気になった点だ。ヴォーカルを除く5人のバラバラで比較的ラフな格好は違和感を覚えたんだよなあ。世界観を大事にしているバンドだけにそういうところにもしっかりと気を使えば、より一層ステージが映えるようになると思う。そんなことを思いつつも初めての名古屋公演だという夢中夢のライブは、光と闇が交錯する確かな世界観が打ち立てられており、このようなステージに立ち会うことができてよかった。今度はもっと長い時間を演奏しに再び来てくれることを願いたい。

–setlist–

灰の日 / 塵にすぎない僕は塵に返る / 反復する世界の果てで白夜は散る / 眼は神 / 不浄幸福讃歌 / 楽園

SOPHISTICATED AND BARBARIAN THIRTEEN VIEWS WITH NICE VIEW

 2番手は名古屋のベテラン・ハードコアトリオNICE VIEW。ドラムの人がTシャツを脱ぎ、上半身裸になったのを合図にライブがスタート。去年のPelicanのライブで見たときははっきり苦手と言ったんだけど、今回見てその印象は大きく変わった。前述のとおり、お客さんのほとんどが椅子に座って見るというスタイルなんだけど、そんなのはお構いなし。直線だろうが、カーブだろうがトップスピードで爆走する武骨なハードコア・ファイター。さっきまでの夢中夢の雰囲気を絶叫と爆音の連撃で大破壊。『これがロックンロールだ!見てるか、オマエラ!』と言わんばかりの鬼気迫るステージで尋常ではない熱を生んでいた。

 地元と言うこともあってか盛り上がりが半端じゃない。10数人が前の方に押し寄せて頭振ってる姿は実に爽快。俺の前方に座っていたステージ近くの人はエアドラム全快!俺の右斜め前にいた人は合わないのか眠気全快!(笑)。野生のパワーと客のノリの良さは、座って見ているのがなんだか恥ずかしくなってくるほどだったし、20分間死力を尽くしたライブが非常にかっこよくて去年のイメージがぶっ飛んだ。しかし、何でギターヴォーカルの人は男なのに三つ網をしてたんだろう?その姿がやけに脳裏に焼き付いちゃって困る(笑)。

  

1930 Dolphin Sonar Live at Henie Onstad Art Centre

 トリを飾るのは、秋田昌美が主催するノイズ・ユニット(メルツバウ)。1979年から活動しているそうで”日本のノイズ・ミュージック・シーンの草分けといえる存在(wikiより)”だそうだ。BORISと共演したことでしか知らないんだが、ちょっと調べてみると彼を賞賛する言葉を数多く発見することができた。世界的にもかなり評価されている存在らしい。ステージに立つ彼を遠巻きに見ても、その言葉通りの貫禄と風格が漂ってくる。ステージにはマック2台と両脇にアンプ、それに秋田氏が見たこともないよくわからん楽器を抱え、ノイズ音を出していた。エフェクターも頻繁に踏んで音をかなり変化させていたのも見て取れた。

 しかし、ノイズまみれの50分というのはいささか言葉にしづらい。ゴォォォォォォ、ピギャァァ、ズォォォォォと文字で表現すればこんな感じ。それがずっと繰り返されて、洪水のように押し寄せてくる。所々でリズムパターンや音の強弱に変化がつけられるものの、ノイズの氾濫が和らぐことはなかった。耳を痛いぐらいに劈き、精神を崩壊させていく。感覚が麻痺したところで安らかな眠りを・・・って人もたくさん見受けられたな。かくいう俺にも眠気がちらほらと襲い掛かってきた。去年見たKTLの方がまだわかりやすかいと思ったぐらいだったので、無理もない。それとは逆に、外人がえらくヘッドバンキングしてノリまくっている姿が印象的だった。世界的に評価されているMerzbowというのがよくわかったような気がする。個人的にもこういう系の勉強もしていかないなとなあと痛感したライブだった。

 まるっきり趣向の違う3アーティストが絡むというなかなかおもしろいイベントでした。ただ、自分としてはあまり座ってリラックスしてライブ見るのはなんか落ち着かない。私のような狼藉者にはちょっと合わないなあと思うことがしばしば。なぜかライブとあまり関係ないところで違和感をもってしまったのでした。普通のライブハウスの方が自分としては合うということか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!