2009/08/08 SUMMER SONIC ’09 OSAKA DAY2 @ 舞洲サマーソニック大阪特設会場

  高い金出して行ってきました。というわけで10周年のサマソニです。初めて行き・・・ってちょっと待て。昔、名古屋でやった”サマーソニックイヴ”なるまがいもんには足を運んだことあるぞ(オアシス、カサビアン、アジカンが出演)。ただ、あれと比べるまでも無く、大阪まできてみるとちゃんとしてました。全てが違った・・・ちゃんとしてる!。サマソニイヴには芝生とステージと小さな屋台しかなかったから・・・。

 まず当日会場に行くまでの流れ(というか行くの決めたのが前日で、チケと足を急いで用意)

→朝5時に起床(寝たの3時)、色々と朝の準備。 →6時ぐらいに家を出て、名古屋へと向かう。 →7時の近鉄特急で難波入り(到着したのは9時20分ぐらいだったか)。

090808_1743~0001

 そこからは桜島駅までがんばっていき、あとはシャトルバスで舞州(まいしま)へと移動。意外とシャトルバスが待ち時間なくスムーズに乗れたのはよかった。これでかなり待たされるという評判を聴いてたけど、かなり改善されている模様。ただ、おてんと様がもたらす灼熱の日差しだけはどうしようもなく、こりゃあ倒れる人でるわってすぐに思えるぐらいのもの。最高気温も 36度近かったらしくそりゃあヤバイでしょ。俺も午前中、倒れそうになった瞬間があったし(いや、マジで)。

 会場に着いたら最初はやっぱりリストバンド交換。

 そこからは、まあとりあえずグッズでも見るかという感じで移動。

090810_0108~0001 090810_0113~0001

 グッズ売り場にて、オフィシャルのグラデーションシャツとかいうのと、なぜかこの日出演予定の無いマストドンのTシャツを購入(マストドンが一番見たかったけど、トータルのメンツを考えると俺はこの日を選ばざるをえなかったんだ)。それからはとりあえず、サマソニ大阪に何があるかを知るべく、周りをうろちょろする。そうしたらパークステージにてDAIGOの BRESKERSのライブに出くわしたので見てみることにした。声枯らしながらがんばってたもののもういいかなと生ウィッシュもみたいまま10分で退場してしまった。結局は暑さに完全に負けたため、オアシスエリアにて日陰でゆっくりすることに。モニターでBOYS LIKE GIRLSを見てみる。だけど、なんだか頭に入ってこないぐらい暑さにボーっとしてしまっていた。このままでは、高い金払って来た甲斐が無いと思い、オーシャンステージへ。とりあえずここからは見に行ったものについて軽く書いてみます。

Saosin In Search of Solid Ground

■ SAOSIN @ オーシャンステージ

 エモ・スクリーモの最終系とか言われてた様な言われてなかったかは思い出せないが、セルフタイトルの1stは結構気に入ってるので、楽しみに観戦に来た。けど、その期待はちょっと外れる。音のバランスが悪すぎて、どうにもあのメロディの良さとエモい叫びが身体に響いてこない。ベースの音量だけなんであんなでかくなる?肝心のヴォーカルの嘆きのスクリーム、キレイな歌メロが鳴りを潜め、メロディアスなギターもどうも心にこない。5人がやってる音や確かな迫力が伝わってこないところはマジショック。いいバンドのはずなんだけどなあ。パフォーマンス自体はしっかりしてたし、途中から音も少しはまともになったけど、なんだかもったいないステージだったというのが正直なところ。でも来月発売の2nd はもちろん買いますよ。やったかどうかはわからないけど、一番好きな「Sleepers」も聴けぬまま、結局30分ぐらい見たところでKYTEへと移動することに。

ラヴ・トゥ・ビー・ロスト SCIENCE FOR THE LIVING Kyte 

■ KYTE @ ソニックステージ

 冷房が効いた快適なソニックステージへと移動し、生き返るような涼しい中での観戦。榮倉奈々主演の「余命一ヶ月の花嫁」に楽曲が使われたこともあって、結構人が集まってたKYTEさんでしたが、こちらも思ってたほどではなかったという感じ。CDで聴いたときはその純白のベールで包み込んでいくような感覚に心身とも麻痺したのですが、ライブになると形容されるシガーロスどころか音の引力というものが弱すぎるという印象。まだ若手だからか、音が聴き手の感性を引き込んでいくようなドリーミーさはライブでは感じられなかった。さらに聴いていたらやけに眠気を誘われて気づいたら寝てた。前半はところどころで起きるんだけど、寝てる時間のほうが長かった(これはホントすいません)。最後のほうで2ndの最初の曲をやってくれて、これにはおお!って感じだったけど、そこぐらいしか個人的に聴き所はなかったなあ。ライブの評判もネットで色々みたけど、やっぱり同じ意見が多かった。ちなみに、KYTE終わった後にPhoenixの出演中止のアナウンスがあって驚かされた。

HEAVY SKY EP[日本限定盤] We Were Exploding Anyway Fall of Math

■ 65daysofstatic @ ソニックステージ

 続いては今日期待しているバンドのひとつ、65daysofstatic。残響よ、よくぞ発掘してきたといえる素晴らしいインストバンドですが、ライブも噂通りによかった。最初は多分、新曲だったと思うけど、そこから”Retreat! Retaret!”と”Await Rescue”で一気呵成にボルテージを上げて興奮の坩堝へ。こんなんやられたら燃えざるをえんでしょ。”Aphex Twin meets Mogwai”なる形容される彼らだけど、確かにクラブとポストロックの衝突が生む昂揚感は格別。それでいてあのドラムのわけわかんない手数は体を持ち上げてくるし、激しいデジタルビートも躍動感に溢れていた。ドラマティックな盛り上がりを見せる「Radio Protector」できっちり最後を締めくくってくれる辺りも見事。期待以上に良いアクトでした。ただ、音はあんまよくなかったけど(ギターが引っ込みすぎなんだよなあ)。

オール・イズ・ドリーム Snowflake Midnight Secret Migration  

■ Mercury Rev @ ソニックステージ

 序盤からその煌びやかで美しく、ポップなサウンドに魅了されていたのですが、気づいたらマーキュリーレヴは見ながら寝てました(汗)。いかん、マジ疲れてたみたい。結局30分ぐらい見た(&寝てた)ところで、体を起こすため&移動で外へ行くことにしてしまった。後からネットを見ると、涙を流した人が多かったようで、とても惜しいことをした気分に(苦笑)。けれども彼等の作品は1枚しか聴いたことないから致し方ないところ。

 この後、またなんか買おうと思ってグッズ売り場へ向かったのですが、かなり売り切れていたので、取りやめ(NINの Tシャツをなんで朝買わなかったんだろう・・・)。そして、少し食事休憩を取った後にブンブンを横目にまずはスカイステージへ行ってTHE ENEMYを見に行ってみた。かなりわかりやすい感じの軽やかなギターロックってとこだったか。若さ故の衝動を会場に広げて鼓動が早まるライブを披露していた。だけど、15分ぐらいでもういいやと思ってしまってオーシャンへ移動。ブンブンは最後の10分ぐらいしか見れなかったけど、えらい盛り上がっていて、こっちにもそれが伝染してしまったようで楽しめたな。曲は実は1曲も知らなかったけど最後だけに、ノリやすい曲で締めてくれたのもよかった。

Downward Spiral (W/CD) (Hybr) (Ms) (Dlx) The Fragile Year Zero

■ NINE INCH NAILS @ オーシャンステージ

 さて、トレント先生の日本最後の勇姿ですよ。ということでモグワイへ移動するまでじっくりと見てました。そもそも俺は彼の作品ではハズレといわれている「With Teeth」から聴いてしまったため、結局自分の中ではマストな存在にならずじまいだったんですけど(結局、作品も3枚しか聴いてない)、今日の気合入りまくりのパフォーマンスには度肝抜かれました。ステージに登場したときは、かのジェロム・レ・バンナかと思いましたが(苦笑)。トレント先生と他に3人の演奏人がいて計4人でしたが、強き意志の宿った音、そこからもたらされる躍動感とパワー、アグレッシヴなステージパフォーマンスはめちゃくちゃかっこよかったというしかない。なんでヘッドライナーじゃねえんだろってぐらいかっこよかったんですが、 30分ぐらい見てモグワイに移動してしまいました(汗)。トレント先生、本当にごめん。

Hardcore Will Never Die But You Will Rock Action Wrenched Virile Lore

■ MOGWAI @ ソニックステージ

 結局、今日何を一番見にきたかったのか?を考えるとこのバンドに行き着く。静寂と轟音が織り成すグラスゴーの奇跡、モグワイ。1月の来日公演が初モグワイだったんですけど、そこで見事なまでに全身系をあの轟音にもっていかれ、意識は彼方に吹き飛ばされるという凄まじい音楽を体験。けれども今日はさらにそれを上回っていたと思う。その理由はもう『MY FATHER MY KING』に尽きる。会場の壁を突き破らんとするフィードバックの轟が20分長。時間は1時間ほどで短かったけど、何も言葉が出てこないほど圧倒されてしまいました。

Richard D James Album Selected Ambient Works 85-92 [解説付き・国内盤] (BRC237) Classics [解説付き国内盤 / ナイスプライス] (BRC238)  
 
■ APHEX TWIN @ ソニックステージ

 一応、音源は3枚ほど聴いているリチャードさんのエイフェックスがこの日の締め。テクノ・モーツァルトと呼ばれる彼のパフォーマンスには結構もっていかれましたね。CDだとアンビエント寄りな印象があったんですけど、クラブ系のノリがしっかりと出ていてフロアの揺れが凄まじかった。それにかなりグロい映像を使ったりもしてて、五感を刺激するのには十分すぎるくらい。さすがに噂どおり。でも、最後まで見ていくと帰りに凄い時間を食ってしまうという嫌な予感がよぎったので9時過ぎまで見て泣く泣く会場を後に。

 というわけで、泣く泣く帰路へと着いたものの、一番遅いエイフェックス見てたから愛知へ帰れるわけもなく、難波まで戻ってちょっとだけ街をふらふらしてみるが、食事以外たいしたとこは行かず。その後は満喫で一夜を明かして、朝6時の電車にのって愛知へと戻る。9時くらいに家に着き、昼から仕事。本当に体は疲れましたが、行ってよかったという実感はあります。ただ、名古屋はやはり移動の面でつらいものがあるってのも理解。その分、選択の余地があるので、来年は全然豪華だという幕張へ出向こうと思う(今回は直前に行く覚悟を決めたこともあって、東京への移動手段を確保できなかった)。それもこれも行くかはメンツによりますけどね。

090808_1946~0001

 まあ、簡単ではありますが(各アクトのレポがいつもより簡易すぎて申し訳ないです)、こんなところでレポを終えます。多分、自分で読んでてムカつく部分が出てくると思うので、そこは修正しますけどね。未だにサマソニの疲れが抜けきらない。そして、日焼けがキツイ。けれども、なんだかんだ言ってますが、楽しかったということに変わりはないことだけは最後に伝えておきます。しかし、マストドン・・・見れなかったのは心残りだ。NINの最後を見届けなかったの・・・心残りだ。

 ちなみに大阪へ行ったのは高校の修学旅行以来、8年ぶりだったりする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする