2011/02/02 MOGWAI @ 恵比寿リキッドルーム

 mogwai11

 昨年のMETAMORPHOSE 2010のライヴが印象的に残っているモグワイが半年も経たないうちに早くも再来日である(BorisとかMONOとかよりも日本でライヴやってないか?)。今回は2年半ぶりに発表となる7thアルバム『Hardcore Will Never Die But You Will』の発売に伴ったもので、国内盤の発売日の2月2日に合わせてライヴが行われるというなんともぜいたくな一夜。しかも一般発売はなしで、HMVオンラインにて『ライブチケット、CD、Tシャツの3点セット!日本独占企画セット発売!! お値段9990円!』を購入すると参加できるという貴重なライヴになっている。しかしながら、この胡散臭い抱き合わせ商法には発表当初から非難が殺到、さらに当初は”一夜限り”と謳ってたものが翌日に追加公演まで発表したものだから、その批判はさらに大きなものへと発展(ちなみに握手会も発表された)。かなりえげつない後だしじゃんけんが続く中、自分は「絶対に行くぜ!」と思いきって発売初日に購入した2月2日の方に足を運んだ。しかし、あんな売り方でも恵比寿リキッドルームを満員御礼にしてしまうのだから、モグワイはライヴバンドとしてめちゃくちゃ認められているんだなあと感心するのであった。

ディスティネーション トーキョウ NISENNENMONDAI LIVE!!! FAN

1. にせんねんもんだい

 開演時間から過ぎる事15分程、急遽オープニングアクトに指名された”にせんねんもんだい”がひょっこりとステージに登場する。なんでもモグワイのスチュワートがお気に入りだとか。そんな彼女たちはミニマル・インスト・ガールズ・トリオと表現すればいいのか。『ディスティネーショントーキョー』、1曲35分を越える『FAN』と2枚ほど聴いているが、ギター・ベース・ドラムのオーソドックスな編成ながら無機質なサウンドの凶暴なミニマリズムがやがて熱を帯び、聴き手を強く巻き込んでいくのが特徴的。ベースとドラムのリフレインの上をジャーマン・プログレを思わせるシンセが乗る1曲目の後半部から一気に持ってかれ、続く「FAN」ではソリッドな演奏によるミニマリズムの具象化が凄まじい。じわじわキレと熱を増していくアンサンブルに全身が思いっきり揺さぶられる。カオスのようなインプロ、白熱のバトル。さすがに30分もやらなくて15分程でこの曲の演奏は終わったけど、十分に彼女たちの大きな存在感を示す曲だった。その後はあと2曲ほど演奏し、十分に会場を揺らし燃やして20時前には終了。無機質に機械的に演奏する感覚が強い彼女たちだが、終了後にギターの子のMCにはやけにほっこりとさせられた。2月4日には公開ライヴレコーディングがあるそうな、おもしろそう。

Hardcore Will Never Die But You Will Rock Action Wrenched Virile Lore

2. MOGWAI

 20時15分過ぎごろに暗転してMOGWAIの面々が歓声に応えながら登場(しかし、スチュワートのガリガリっぷりは一体??)。新作中心と謳っていたこともあって、ライヴは新作の堂々1曲目を飾る「White Noise」からスタートする。叙情的なギターを先頭に色彩感に溢れた風景を描き出していく。続くはテンポよいロッキンなインスト「Mexican Grand Prix」で、昂揚を煽る。3曲目に「Rano Pano」を披露した時点で、もしやアルバムの曲順でやるのか?と察した人も多いだろう。でも入るタイミングを間違えたのか、はたまたチューニングがずれてたのかはわからなかったが、この曲をもう一度やり直してたのは御愛嬌。「しっかりしてよー」の声が客席から聞こえてきたが、モグワイは化け物のような轟音を鳴らす怪物のような存在なのに、観客とは相変わらずいい距離感を作っている。

 個人的には新作が前日に届かなかったために通して聴くのはライヴが初めてになったが、こうして体感してみると凄く色彩感とヴァラエティに富んだアルバムなんだと感じた。ボコーダーを駆使した楽曲だったり、2人でキーボードを弾いた曲があったりと、より自由なアイデアがふんだんに盛り込まれている。張りつめた静寂と怒涛の轟音による雄弁なインストゥルメンタル・ロックを越えた先へ。前作も原点回帰しつつも、プラスアルファを模索している印象があったが、新作ではポジティヴな響きが強いのも特徴に感じられて、特に昨年のメタモルフォーゼでも披露した「How To Be A Werewolf」は美麗なシンセと柔和なギターフレーズに導かれて、広大な世界が眼下に広がるスケールの大きな曲に進化/深化していてとてもびっくりさせられた。新作ラストの「You’re Lionel Richie(タイトルすげーな)」における沈殿した海の底から火柱を上げるかのごとく分厚く重たいリフが炸裂する様も印象的。

 しかしながらバンドの力が本当の意味で発揮されたのは、また観客の心が湧きあがったのは新作完全再現終了後に始まった「Christmas Steps」から。その仄暗い旋律が静かに鳴らされ、共鳴していく楽器の音色が次第に巨大化していく。轟音ギターがおおいに咽び泣いた瞬間に稲光が全身を駆けた。ライヴでは初聴きだったが、この曲もここまで化けるとは・・・。続く「Killing All The Flies」ではゆったりと包み込まれていくような感覚に陥る。そのまま耳を傾けていると、あの耳慣れた旋律が鼓膜に入ってきた。その瞬間から会場の感性が一段と大きくなる。そして、導かれるように全身に歓喜が走る。次元を変える至高の楽曲「Mogwai Fear Satan」が本編ラストにお目見え。その美しく激しい音色に身を任せ、全ての感情は天へと帰し、恵比寿の夜に福音の轟音を響かせたのであった。間違いなく今宵のハイライト。アンコールではセンチメンタルなギターと柔らかなキーボードが印象的な「2 Right Make 1 Wrong」で感傷を掻き立てられ、思わずその美しさに耽溺してしまった。よほどこの曲で昂ぶるものがあったのか、スチュワートが早とちりして「サンキュー、グッナイ!」といってしまったので、メンバーからもう1曲あるよと催促されてて笑った。こういう間違えもするんだな(笑)。気を取り直してラストはお馴染みの「Batcat」。トリプルギターによる津波のような轟音の応酬で怒涛のスペシャル・ショウを締めくくってみせた。

 終わってみると、やはりモグワイが真骨頂を発揮したのは古くからの5曲。練度の違いが、楽曲の表情にも膨れ上がる音圧にも影響していたように思う。だからか新作からだと少し前から演奏しているだろう「Rano Pano」や「How To Be A Werewol」が十分に鍛えられているように感じた。そう思ったのも楽曲の魅せ方、静と動の組み分けが巧く表現されているからだろう。他の曲もおそらくこれからどんどんと練り上がっていくはず。通常のライヴセットにも完全に溶け込むまで、完璧なライヴバンドであるモグワイからしたらそう時間はかからないはずだ。しかし、新作完全再現ってのは聴きこんでないのもあって新鮮には感じるが、間延び感も否めずというところか。4年前にアイアン・メイデンを見に行った時も完全再現をやってたが(かつての名盤ではなくて、その年に出た最新作の完全再現ツアー)、さして惹かれることはなかったのを正直思い出してしまった。ただ、モグワイの場合は完全にお試しモードであったし、今回の新作全お披露目はが最初で最後のスペシャルなセットになる可能性が高い。それを考えると本日目撃できたことは確かに一生ものだろう。

–setlist–
1.White Noise / 2.Mexican Grand Prix / 3.Rano Pano / 4.Death Rays / 5.San Pedro / 6.Letters To The Metro
7.George Square Thatcher Death Party / 8.How To Be A Werewolf / 9.Too Raging To Cheers
10.You’re Lionel Richie / 11.Christmas Steps / 12.Killing All The Flies / 13.Mogwai Fear Satan

–encore–
14. 2 Rights Make 1 Wrong / 15. Batcat

CA3F0285  CA3F0288
 
↑は終演後に会場で配られたセットリスト、メンバーのサイン入りだが当然コピー。その横は抱き合わせ3点セット9990円の中身です。チケット代を考えると意外と豪華だったのかもしれない!?

 ちなみに翌3日は通常公演が行われたが、新作の曲以外は前日と一曲も被ることないセットリストだったようで、本編ラストの「Like Herod」→「Glasgow Mega-Snake」のコンボ、そしてアンコールには問答無用の超轟音悶絶曲「My Father My King」が披露されたようで、うらやましいかぎり。今回に限っては、完全再現を新鮮な気持ちで楽しむ1日目、新旧バランス良く披露しながらも怒涛の音圧を轟かせた2日目、と絶対に両方行くべきだったと後悔している。でも、日本贔屓の彼等の事だからまた近いうちに来日してくれるだろう。気長にその時を待ちたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする