2012/01/28/ いいにおいのするNadja JAPAN TOUR 2012 @ 渋谷O-NEST

▼ シェアする

nadja1

 カナダのアンビエント・ドローン・ドゥーム2人組、Nadjaがまさかまさかの初来日である。カナダの神秘とも評される彼等は、MY BLOODY VALENTINEからGodfleshにFennesz、SUNN O)))までを突き抜けていくエクスペリメンタルな音響を構築して高い評価を獲得。ここ日本でもコアなファンに支持されている(と思われる)。Daymare、そしてHappy Princeから2枚の国内盤は発売にはなっているのだが、来日なんてありえないという言葉が先に出てくるので、一昨年のJarbewといい、昨年のMatt Elliottといい、iinioiさんは本当にいい仕事をしてくださる。けど、今回に限っては名古屋公演が無かったのが残念ではあるけれどもね。

 というわけで東京まで乗り込んでの初Nadjaとなる。まずは隣のO-EASTに比べるとめんどくさいつくりの会場にびっくりしたのだが、さらにO-NESTに入ってびっくりの客入り。公演2日前にチケ買って17番だったのに 何が起こったのであろうか(笑)というぐらい、満員に近いほど人が入っていた。名古屋のように50人ぐらいしか集まらないという感じで来てたので、驚きは本当に大きい。しかしながらここまでの変態人で溢れかえったステージは、演奏者としてはもちろん嬉しいであろう。Nadjaの初来日を祝うには素晴らしい環境である。

 まずはENDONです。東京の5人組(Vo,Gt,Drにエレクトロニクス奏者2名)。まあ、形容するなら”ヤクザ・エクストリーム”みたいな感じで強面から放たれる音がエグいエグい。非常階段をアップデートしたというコメントもあるが、鼓膜から出血しそうなほどにノイジー、そしてファストな展開を盛り込みつつ圧倒してくる。とにかく楽器をうるさく掻き鳴らし、電子音にもエグさがあり、ヴォーカルは見た目も声も超恐い(しかも最前の人のビールを奪って飲むという)。しかし観客の反応は結構良くて、彼等目当てで来てた人も多そう。んで体を破壊しにかかる激音を放出し続け、モッシュまで起こし、最後には客席に飛び込んでのファイナルアタックで客数人なぎ倒して30分ぐらいを駆け抜けた。好きかと言われるとそうじゃないけど、とにかく強烈な印象は受けたステージであった。ギターも客席に突き飛ばした混沌の現場がここ。

Alchemic Heart sppears the primitive world

 2番手はVampillia。今年はアルバムを5枚出すとかで気合入っててヤバイ。本日は名古屋ではあんまり見られない吉田達也氏と竜巻太郎氏を迎えた (去年の名古屋公演は吉田氏がドラム叩いてたけど)ツインドラム体制合計9名で攻める攻める。男ヴォーカルが吠え、女ヴォーカル&ギターはオペラ歌唱。ト リプルギターが繊細かつ激しく情景を描き、ベースがきっちり支える。さらにこちらも彼等には欠かせないヴァイオリンが物悲しくも勇壮に響き、キーボードが 耽美を織り込んでいく。そして押し引きを心得すぎたツインドラムが見事に楽曲の基盤を支え、表情すらもつけていたような感じであった。

 最初にやった曲はよ くわかんないけど、去年5月に出たアルバムから「Day of Deperture~」を始め何曲かやって、最後は「Alchemic Heart」の曲の一部を持ってきた感じの荘厳なドローンのクライマックス。でも通して40分にも満たなかったのは驚いたけど。濃い、濃い内容だった。さ らに今回に至ってはツインドラムの影響からかえらく破壊力とダイナミズムを感じられて、フロアの反応もすこぶる良かった印象。オルタナティヴ・ロックから ポストロック、ゴシック、スラッシュメタル~ドローンに関西の地下音楽的情緒までを彼等流儀で自在に振る舞う辺りは、やっぱり他とは違うなと。ブルータ ル・オーケストラと評されるように猛々しいパフォーマンスを繰り広げつつ、エンターテイメントを忘れないらしいステージだったと思う。これまで見た中では 一番良かった。

ボディケイジ Radiance of Shadows Sky Burial

 最後はもちろんカナダの神秘デュオ、Nadja。Aidan BakerとLeah Buckareffにようやくご対面で感慨深い。ライヴはこの二人のみで構成されており、エイダン先生がギターとエレクトロニクスを担当し、リアが客席に 背を向けてベースを弾くというスタイル。反復するリズムマシーンに予想以上の重みと迫力を備えたベースが呼応し、フィードバック・ギターが有機的に重なり 合っていき、ゆっくりと歩みを進めながら神秘的轟音アンビエント・ドローンへと発展。中央に並ぶエイダンとリアの両雄は見た目も格好も全く持って普通なん だけど、こんなグレイトな音を出してしまうんだから驚く他ない。最初の「Sky Burial」から得体の知れぬ心地よさが全身にまとわりつく。意識が遠のいていくあの感覚。時間軸をも越えていくようなあの感覚。そして、現実を突き抜 けて新しい世界へと連れていかれる。

 もちろん異常なほどの轟音世界ではあるし、脳味噌揺れる音楽でもあるけれども、SUNN O)))やかつてのKTLを見た時の圧殺とは違う耳触り。呪術的だとかそういうのもないし、照明で視覚効果を煽ろうというのも無い。丁寧に織りあげられて いくこの轟音ドローン・サウンドは、繊細な音の連なりを密に続けた結果の雄大な構築物といえるのだが、メロディアスな旋律を奏でる事で豊かな色調に彩られ たり、彼等の繊細な感情が零れおちたりもする。頭が真っ白になるようなノイズの海だが、意外とロマンティックな部分を感じ取れたのも今回の発見だと個人的 には思う。ライヴ体験としてもJesuとSUNN O)))の中間地点の恍惚があったと感じる事ができたし。不満な点をあげれば、本編2曲とアンコール1曲(Paul Belliniのカバー「Long Dark Twenties」)の全3曲で45分ぐらいと短かったことだけ。彼等もまた天国へも地獄へも手招きしてくれる貴重な存在であった。

CA3F1607 CA3F1632

 んなわけで意外と早く22時前には終わった本公演。Nadjaの機材を写メしたのが左で、物販で購入したCDが右の画像になる。 Nadja&Vampilliaのコラボ作『The Primitive World』に『The Bungled & the Botched』再発盤。物販は日本市場を意識してアナログは無かったと思うけど、CDが多作だけあってめちゃくちゃ充実していて熱かった(スプリット 作、コラボ作、Aidan Bakerのソロ含めて)。また一部除いて一律1500円で売ってた姿勢も素晴らしい。Tシャツもあったけど、1種類のみでLサイズしか無かったから見 送った。僕は、この後の深夜のイベントとか愛知へ帰宅する資金が必要だったのでCD2枚しか買わなかったけど、結局は最低限しか使わなかったのでここで 買っておけば良かったと後悔している。終演後のNadjaの2人は、やはりあんな音を出しているとは思えないフレンドリーな方々で、握手やサインに写真撮 影にも気軽に応じていて微笑ましかった。

 もちろん、Nadjaの2人がまたいずれ来日する事を願っている。今回が最初で最後にはならないようにね。

CA3F1610

 しかし、これで終わらずにダブルヘッダーの深夜編もこちらのページにてお届け。同日の夜に代官山UNITで行われたThe Fieldの来日公演である。Nadja→The Fieldのはしごする人が意外といたのが僕に心強い(笑)。23時半開演で何人かのDJ陣をくぐり抜けて、お目当てのThe Fieldは2時30分から開始です。KOMPAKTを代表する幻想的なミニマル・テクノを操るアクセル・ウィルナーによるプロジェクト。今回はバンド・ セットということで生ベースとドラム付きの3人体制でのライヴだった。

 彼の音楽を表す時にいわゆるループ主義がキーとなってくると思うが、ミニマルのこの高揚感は半端ない。その中で強弱のアクセントをつけながらクライマッ クスへと駆け上がっていく。ベースとドラムはリズムを精微にコントロールしているけれども、エモーショナルなプレイには体温も伝わってくるし、細かくアレ ンジ入れてくるところにもまた躍動感やライヴ感へと繋がってくる。そしてあの柔らかく煌びやかな電子音の美しさときたらもう。「It’s Up There」から始まって「Sun & Ice」「Over The Ice」「Everday」と怒涛の本編は最高、最高。「Over The Ice」ではヴォイス・サンプルが聴こえ出してからの幸福への加速度はとてつもないものであった。アンコールでは確か「Looping State Of Mind」をやっていて、抑性されたミニマルで昂揚感抑え目だけど、シューゲ風の白い霧のようなノイズに酩酊。予定時間を30分近くオーバーだけど、みん な許しちゃうようなとても良いステージだったと思う。この日はNadjaで至福を味わって、こちらでも2回目の至福を味合わせてもらう結果となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ シェアする

▼ フォローする