2013/08/11 SUMMER SONIC ’13 OSAKA DAY2 @ 舞洲サマーソニック大阪特設会場

ss13_03  ss13_02

 巻き上がる砂埃、容赦ない直射日光、滴り続けた汗。

 実に4年ぶりにサマーソニック大阪へと足を運んできました。今年は、MUSEとMETALLICAをヘッドライナーにミスチルまで登場するラインナップで、東京は全種チケットが過去最速にソールド・アウト。大阪でもまさかの2日間売り切れ、という過去ではありえなかった事態で、人が多すぎてヤバいんじゃないかという不安が行く前から募る(苦笑)。4年前に1回だけ行ってますけど、今年は「サマソニってこんな過酷だったっけ?」っていうぐらいに過酷なフェスでした。まあ、日陰に入って休憩することも無かった自分が悪いのではありますが。でも、それ以上に楽しくはありましたけどね。

ss13_08 ss13_07

 この日は朝の5時手前に起きて、某始発で大阪まで向かい、9時ぐらいにはサマソニ大阪の特設会場へ到着。しかし、目に飛び込んできたのはリストバンド交換の長蛇の列。この交換だけで40分以上待つことに。無事に交換を終え、たくさんいたキレイなお姉さまのひとりに手首にリストバンドを絞めてもらった後は、意気揚々と物販へ向かう・・・。と思ったら最後尾がわからないぐらいの長蛇の列(多分、DANCE OASISのさらに向こう側まで並んでいた)で、萎えて諦めた。朝からエグすぎるぞ。4年前に行った時は、リストバンド交換もさらっと終わったし、物販もさほど並ばなかったのでね。甘く見ていたといえばそうなんですが。今年は、もう全然違うってことが朝だけでよくわかりました。

ss13_01  ss13_09

 そんなわけで、リストバンド交換後は場内を軽く見て回る。景色は、4年前からそんなに大きく変わって無く、ステージにちょっとした休憩・飲食エリアがある程度。とはいえ、今年は例年にないくらいの酷暑が日本列島を襲っていたので、休憩エリアは多めに作られていたかもしれない。また、上の写真のラインナップの貼ってあるところで写真撮ってたら、かわいい女子2人組、男性2つのグループに写真撮ってくださいとお願いされる始末。こういう時に、ひとりでフェス来てる自分は何なんだろうなあと感じちゃうから、やめて欲しい(笑)。そんなに頼みやすい顔をしてたっけ自分は。まあ、快く撮影はしたけども。ちなみに今年は、マウンテン・ステージとサニック・ステージには足を運びませんでした。

 DiE (SG+DVD)(LIVE盤) IDOL is DEAD

■ BiS @ FLOWER STAGE

 本日のスタートは、BiSから。話題の「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、新生アイドル研究会」のお嬢様方。昨年に発売されたアルバム「IDOL is DEAD」は結構良かったし、注目されているから見ておこうかと思いましてね。最近になってもメンバー入れ替わりの6人体制になったり、BiS階段であったりで、良くも悪くも相変わらず話題を振りまいている。リハーサルもちゃっかり見てたけど、まさか予想外のtrfの「survival dAnce」をオープニングにもって来るとはね。ちょっとテンポ速めでテクノちっくなバックトラックに、アイドルらしい歌唱が乗るのは朝イチには効いたし、かなり盛り上がっていた。猛者たち、朝っぱらから跳ねすぎ、叫び過ぎ(笑)。でも、この雰囲気嫌いじゃないぜ。

 その後の楽曲は「IDOL is DEAD」からの選曲で、最近のシングルはまるでチェックしてない僕みたいな人間には、優しいセトリ。メタリックなサウンドからピコリーモ風味に展開していく「IDOL」から、個人的に彼女達の曲の中では一番好きかも知れないキャッチーな「My Ixxx」、エレクトロ・アイドル・ポップス「nerve」へと展開。ラストは彼女達のかわいらしとエモさが溢れる「primal.」で締めくくり、オープニング・アクトとは思えない熱狂に包まれていた。「ありがとうございましたー、BiSでしたー」と退場はわりとあっさりしてたけど、それも含めてそれなりに楽しめた。

–setlist–
survival dAnce(trf cover) / IDOL / My Ixxx / nerve / primal.

Outlaw Gentlemen & Shady Ladies Guitar Gangsters & Cadillac Blood

■ VOLBEAT @ OCEAN STAGE

 続いて、一番大きいOCEAN STAGEに移動。デンマーク産のロカビリー・メタルなるVolbeatを観賞。作品を一枚もチェックせずに予備知識0で見てたけど、かなりメタルメタルしてた印象が強い。リフや構成等には、所々でメタリカ臭いなと思ったりもしたが、ニッケルバックみたいなスタジアム級のロックのスケール感もあったし、いい意味での暑苦しさ(メンバーの容姿を含む)が感じれたのも良かった。それがまた野外の開放感と合っている。Perfume、ホルモンと邦楽のアクトが続く中でも、結構盛り上がっていたんじゃないかな。

 「ジョニー・キャッシュを知ってるかー」「オー!」みたいなやり取りがあった後に、彼のカバー曲をやってたりしたけど、これはそんなに盛り上がって無かったのには苦笑。まあ、自分も名前しか知らないけども。でも、なぜかちょっとだけやった「We Will Rock You」はさすがに熱くなったし、最後の曲の後にはスレイヤーの「Raining Blood」のイントロ部をぶちかますなんていう素敵荒技で締め。海外ではそれなりの地位を築き上げているだけの実力をみせつけたステージだったかと思う。しかし、ギタリストの黒ひげ危機一髪感が半端ねえと思ってたら、この人が元アンスラックスと知ったのもいい思い出。

Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD(初回限定盤)(DVD付) JPN(通常盤) GAME

■ Perfume @ OCEAN STAGE

 ついにPerfumeをみられる日がきたんだなあ。いや、しかし凄い人気ですね。3人が出て来るなり、前に殺到する人、人、人。飛び交う野太い声援。遠目から見ても”美”を感じさせるその生足に、流れる様に洗練されたダンスは、ライヴ初見の自分を虜にさせる魅力は十分すぎるほど。音響面で何度かトラブルがあって、ノイズが激しくなったり、無音状態になった時もあったのに動じずにあの統制されたダンスで乗り切り、「Spending all my time」から最後の「My Color」まで揺るぎないPerfumeのパフォーマンスが繰り広げられた。そっち系の音楽にはあまり詳しくない自分からしても、完成されてるなあと感じるぐらいにハイ・クオリティ。なんでも去年は雷雨で中断したそうで、リベンジにかける今年のステージへの想いが、そのパフォーマンスからヒシヒシと伝わってきた。

 しかも、ライヴだとあ~ちゃんがかわいい(笑)。笑顔が素敵だったし、「後ろの方まで見えとるけんねー」と必殺の方言女子まで使ってくるとは(笑)。PTAのコーナー?という煽りコーナーでは、あ~ちゃんがさらに勢いづいて「男子ー!女子ー!みんなー!セイ・ホー!」等のコール&レスポンスで盛り上げてくれる。しかも、サバイバル・ダンスとウルトラ・ソウルのサビを普通にやってて笑うしかない。みんなtrfとB’z好きだなあ(笑)。そして、去年のリベンジとなった「チョコレイト・ディスコ」で異常過ぎるぐらいにヒートアップし、わたくしもミーハーっぷりを発揮して楽しませていただきました。時間は短かったけど、Perfumeは一味違うなあっていうのを感じた次第。

–setlist–
Spending All My Time / Magic Of Love / Voice / Spring Of Life / PTAのコーナー / だいじょばない / チョコレイト・ディスコ / My Color

3曲入りAAA(トリプルA面シングル)「グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011」 ぶっ生き返す 爪爪爪/「F」

■ マキシマムザホルモン @ OCEAN STAGE

 「一応、みなさんにお伝えしておきます。救護室はあちらです。ただし、行かせないけどねえぇーっ!」

 とPerfumeから(容姿が)下がっちゃいけないということで、つけまつげを装着してライヴに臨むナヲ(今年で38)の煽りMCから、久々にホルモンのライヴへきたと実感。前に一度ワンマンで見たことあるのが5年前か。しかし、あの頃と比べるとさらに貫禄も人気もつけちゃって、この音楽性でオリコン1位を取るぐらいのバンドになってしまっていた。

 まさかの「恋のメガラバ」スタートのライヴも、前方の方に行くと確実に圧死/暑死/熱死しそうな混沌ぶりで、ダイスケはんが「ここはオーシャン・ステージじゃなくて、オッチャン・ステージです、ホンマに」とか言ってるのが、まるで嘘なぐらいの大熱狂でございました。砂埃舞う炎天下のホルモンのライヴは、もはや危険物と同義語ぐらいのヤバさ。でも、ライヴ自体はヘヴィネスよりもパンキッシュなノリの良い方面の曲が多かったのはちょいと意外で、まさか「Mr.ブギータンブリンマン」を披露してくるとはね。

 それに『ぶっ生き返す』からの「ビキニ・スポーツ・ポンチン」や「シミ」は鉄板だったし、麺カタコッテリからの「恋のスペルマ」は、キャッチーかつバカ騒ぎできる1曲で、これ以上ない一体感を生み出していた。相変わらずホルモンの面々はそれぞれのキャラクターも立ってるし、その点も強く支持される理由でしょう。ライヴはこうでなくっちゃ!ってのを彼等が本気でぶつけてきてくれたんで、そこそこ満足できる内容だったけど、”そこそこ”レベルなのは、前日の幕張公演の方がセトリが良くて、1曲多いからだったりします(苦笑)。せめて同じ曲数は、やって欲しかったな。「What’s up, people?!」とか「爪」辺りね。でも、炎天下でホルモンがこれ以上の演奏を続けると、救護室が大変なことになりそうだったので良しとするか。実際、運ばれていく人を2人見たし。

–setlist–
恋のメガラバ / maximum the hormone / 便所サンダルダンス / Mr.ブギータンブリンマン / ビキニ・スポーツ・ポンチン / シミ / 恋のスペルマ

「メギツネ」<通常盤> BABYMETAL×キバオブアキバ 「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 通常盤CD

■ BABYMETAL @ FLOWER STAGE

『サマーソニック、改め “天下一メタル武道会”に出場し・・・(中略)。諸君、首の準備は良いか。リンキン・パークはこっちじゃないぞ・・・ いよいよメタル・レジスタンスの幕開けだ』

 こんな仰々しいアナウンスが流れたかと思うと、次に耳に飛び込んできたのは、コープス・ペイントを施した白装束の集団、神バンド(大村孝佳氏や元BINECKSのBOH氏などがいる)が生み出すゴリゴリのメタル・サウンド。そして、飛び出してきたBABYMETALの3人。轟くデス・メタルに乗せて自己紹介をしていく「BABYMETAL DEATH」から完璧に持ってかれてしまった。ひとりだけ凛とした美しさを誇るSU-METAL、対照的に妹系のかわいさがあるMOAMETALとYUIMETAL。この3人と、バックの生演奏とのコンビネーションが非常に見事であり、こんなキュートなエクストリーム・ミュージックは、確かに今まで類を見ないものかもしれないという強いインパクトがあった。

 最新シングルの「メギツネ」では、ブレイクダウンを挟みながらも情緒的な和のムードを盛り込んで、会場が大きな波のようにうねる。続く「Catch me if you can」のYUIMETALとMOAMETALによる煽りと全力ダッシュが目に焼きつき、そこからのキャッチーなサビが可愛らしさを振りまく。アイドルらしさを押しだした「いいね!」もまた感興をそそる。可憐なアイドルらしさと豪傑なメタル・サウンドの融合。「やらされてる感満載」という声が近くにいた人から聴こえてきたりもしたが、それでもとても訓練されていて、衝撃的ともいえるパフォーマンスに昇華してるんだから単純に凄い。水分補給している姿さえ見せない徹底ぶり(この時は、一旦後ろにはける)。

 その後の「ヘドバンギャー!」ではCO2バズーカまで使い、ラストの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」では巨大なサークル・モッシュも巻き起こる。全6曲と短い時間ではあったけど、「メギツネ」の歌詞にもあるように「なめたらいかんぜよ!」な強烈すぎるライヴでございました。メタル愛を幹にして、ここまで徹底したものを作り上げてくると参りましたってなりますよ、本当に。それに今のベビメタのキてる感っていうのは群を抜いているし、ここからさらに加速していくことだろう。このタイミングで彼女達のライヴを見れたことに感謝したいですね。

–setlist–
BABYMETAL DEATH / メギツネ / Catch me if you can / いいね! / ヘドバンギャー!!  / イジメ、ダメ、ゼッタイ

Living Things メテオラ ハイブリッド・セオリー

■ LINKIN PARK @ OCEAN STAGE

 the GazettEをせっかくだから見ておこうと思って、頭1曲とバンギャの扇風機ヘドバンを観賞していたら、ド頭に披露した代表曲「Faint」を聴き逃す失態(苦笑)。何気に僕が最初に買った洋楽のCDって彼等の「メテオラ」なんですけど、リンキンのライヴを実は今回で初めて見る。

 正直言って3枚目のアルバム以降も聴いてはいるんだけど、頭に入ってない状況だったりするのだが、本来ならヘッドライナー・クラスである実力を如何なく発揮で、サマソニの客が求めていただろうスタジアム級の大きな盛り上がりを感じた。ミクスチャー・ロックとしての頭角を表した1stからの「Papercut」や「Points Of Authority」、それに想い出深い2ndからの「Breaking The Habit」、「Numb」などは聴いてて大興奮。ただ、食事も休憩も取らずに朝っぱらからずっと野外ステージを見ていたこともあって、この頃からドッと疲れが出てきて集中して聴いていられない状況だったのが個人的に痛かった。それでも、最後の「One Step Closer」は昔によく聴いてたのもあって、心に刺さったなあ。これで「Somewhere I Belong」もやってくれれば。ここでも幕張との格差が(笑)。

Kill 'em All Master of Puppets Ride the Lightning

■ METALLICA @ OCEAN STAGE

 メタルの帝王は焦らすのも当たり前ということで15分~20分押しでのスタート。しかし、「Ecstasy Of Gold」が鳴り響き、「Hit The Lights」~「Master of Puppets」と続いたら否が応でもボルテージは上がる。マスパペのギターソロで大合唱?するところで、メタリカのライヴにきたーっ!って物凄く実感。彼等を観るのは3年前のさいたまスーパーアリーナ2DAYSの2日目以来で、通算で言うと3回目なんだけど、ラーズの髪の毛が後ろに後退した以外は衰えないなあ。あの貫禄とライヴ力は別格であり、有無を言わさぬ凄みとそれと相反するような親しみやすさが同居する。

 演奏曲数は同じであったけども、大阪では前日の幕張とは数曲入れ替えてきており、「Ride the Lightning」や「Fade to Black」、「…And Justice for All」辺りがこちらでセットに組み込まれ、両日参加した人にも嬉しい内容。個人的にも大阪の方が聴きなれた曲が多くて良かったかな。ただ、幕張ではクリフ・バートンが遺したあの名インスト「Orion」を演奏したらしく、羨ましい。それでも、「One」辺りの演出/演奏は毎度毎度のド迫力だし、「Nothing Else Matters」からジェイムスがピックを見せびらかしての「Enter Sandman」の流れも変わらずに鉄板。ぶっちゃけると大まかな流れは、3年前とほぼ一緒と言えば一緒だし、10年前に高校3年生の時に初めてメタリカを見た時ほどの衝撃は当然ないんだけども、やっぱり彼等は激しいメタルにもか関わらず、エンターテイメントなライヴをするなあっていうのは強く思う。自分のHPは瀕死状態に近かったけど、十分に楽しめた。

 アンコールの「Creeping Death」~「Battery」は会場も沸点に達するほどの盛り上がりだったし、大ラスの「Seek & Destroy」の前には、ジェイムスが曲をやらずに、ギターを置いて帰ろうかというおちゃらけた会場とのやり取りを楽しむ場面も。その「Seek & Destroy」では大きな黒いボールが10数個出てくるというフェスティバル風の演出も施され、最後はメタルらしからぬ和やかな雰囲気で締めくくられた。メタリカの面々はライヴが終わってからもピック投げ、ひとりずつご挨拶と10分以上残ってサービス精神旺盛の対応をしていたのも印象深い。

 しかし、10年前の高校3年生の時にメタリカを初めて見て、今でもこういう音楽を聴いてるとはね。これは、やっぱり音楽の持つ力なのかなあ。若いころに受けた衝撃って、時を超えても愛していくもんだと思うと感慨深い。

–setlist–
Hit the Lights / Master of Puppets / Ride the Lightning / Harvester of Sorrow / Fade to Black / The Memory Remains / Cyanide / Welcome Home (Sanitarium) / Sad but True / …And Justice for All / One / For Whom the Bell Tolls / Blackened / Nothing Else Matters / Enter Sandman

—encore—
Creeping Death / Battery(イントロ無し) / Seek & Destroy

ss13_10  ss13_05

 最後は、打ち上がる花火に終わりを祝福されて大団円。冒頭に書いたように猛暑に見舞われて想像以上に過酷なサマソニだったけど、無事に終了を迎えられたこと、そしてお目当てのアクトが見れたことが何より良かった。どうしてもサマソニは、メンツ次第という所があるけれど、興味深いアーティストが揃ったら来年も出向くと思う。少なくともオリンピック1回分開けて行くなんて事が無いようにしないと(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする