2014/06/23 BiS @ タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

140623_2

 「んな、バカな・・・」というお偉いさん達の声が漏れて、頭抱えている姿が浮かぶ・・・。解散ビジネスも通用せず、横浜アリーナでの解散ライヴのチケットが驚くほど余りまくってるという、新生アイドル研究会のBiSさん。彼女達が名古屋にタイミング良くプロモーションにやってくるので、行ってきました。先月のダイアモンドホールのライヴがとても楽しかったし、前日の郡山公演のニコ生中継もおもしろかったし、運よく早く帰れたしということで、無料でBiSのミニライヴが見れるっていうんだからやっぱり行くでしょ。

 着いてみたら既に多くの人がいて(特典券は早くも枯れてた)、優先スペースは前方のかなり詰まっている。そんな中、18時ちょい過ぎぐらいにBiSのメンバーが出てきて、ライヴがスタート。いきなり必殺の「nerve」からで踊らな損損、狂わな損損のお祭り騒ぎ。これで盛り上がんないわけないでしょのオープニングに、研究員の頭のおかしさを再確認できて安心(何)。そして、プー・ルイに花束渡す猛者もナイスであった。この曲の後にお馴染みの自己紹介があったのに加えて、プー・ルイがミニアルバム『みんなのプー・ルイ』でデビューしてちょうどこの日が4年目という話をしてた。その時のCDをすかさず出す研究員、流石です(笑)。

 続いては1stアルバムから「太陽のじゅもん」でしっとりとかわいらしく聴かせ、みんな大好き「Fly」でガラっと雰囲気を変え、BiSも研究員もフリーダムに羽ばたく。っていうかこの曲の時の猛り狂ったコールが頭おかしくてヤバい。優先エリアの中央付近にいた人達、特に頭おかしかったわ(笑)。でも、付近で見ていた人達の会話だと、これでも今日はあんまりヤバい人はいないらしい、マジか。そして「PPCC」でもおかしなノリが熱気を伝播。ホントどんどん狂っていくなと思いつつ、これが微笑ましいんだけどね。

 告知タイムでは「7月8日の解散ライヴのチケット、たくさん余ってまーす!」と未だに信じられないぐらい余ってることを宣言したけど、チケ買うとハグ会orサイン会に参加できるらしい。数多の人に抱かれつつチケットを捌くあの精神力、真似できねえわ(汗)。そんなこんなの告知が終わってラストの曲は、まあそうなるよねのラストシングル「FiNAL DANCE」。みなをハッピーな気分にして、5曲で約30分ぐらいのステージを締めくくった。タダで見てる身とはいえ、あと1曲やって欲しかったところだけど、それなりに楽しめたので良かったと思います。

 ちなみに特典会には参加せずにおさらばしました。

‐‐‐setlist‐‐‐

nerve / 太陽のじゅもん / Fly / PPCC / FiNAL DANCE

140623_3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする