2014/07/05 jealkb 「Parade Tour 2014~海より山より夏ジュアル~」@ 名古屋E.L.L.

ジュアルケービーのコレ買わなくていーんでライブに来て下さいw 140705_1

 「夏ジュアル」してきましたが流行語になるのかどうかはわからないが、芸人魂とヴィジュアル系魂が鬩ぎ合う彼等のライヴは、素直に面白かった。ご存知の通りにロンブーの淳(バンドではhaderu)を中心に吉本芸人で結成されたヴィジュアル系バンド、jealkbである。世を忍ぶ仮の姿というデーモン閣下スタイルで、真面目にヴィジュアル系をやってるわけだが、今回は約3年ぶりとなるフルアルバム『ジュアルケービーのコレ買わなくていーんでライブに来て下さいw』のリリースに伴った全国ツアーを敢行。1stアルバム『狼煙』は結構好きだし、数少ない友人にせっかく誘われたので、名古屋公演に足を運びました、ちゃんとアルバム・タイトル通りに買わずにね(苦笑)。しかし、男がここまで少ないライヴは久々で、恐縮。

 ライヴはほぼ開演時刻通りにスタートし、まずは演奏隊の3名が元気よく行進して出てくる。ついで、haderuとhidekiのフロント2人がこれまた元気よく行進して出てくる。そして新作の1曲目を飾る「UEGEMIGISSA」へ。4つ打ちやら電子音やらが入ったやたらとモダンなアプローチの曲を展開していて、ちょっと驚く。5人編成になってからは、演奏するようになったというけどその辺もわりとちゃんとしている。そして、jealkbらしい共有と一体感を大事にしたコミカルなダンス&振りつけ。こういうライヴは、久しぶりに来たなあと改めて思った。

 まあ、『ジュアルケービーのコレ買わなくていーんでライブに来て下さいw』とタイトルだから、聴いていかなくても大丈夫だろうと思ったら、新作からの曲のほぼ全部をちゃんと消化するという暴挙(笑)。ただ、曲を知らなくても魅せて楽しませてくれるのが、彼等の芸人魂とヴィジュアル系魂。1stと2ndぐらいしか聴いてなくて、最近の彼等の曲はあまり知らない状態で行ったけど、前述のようにずいぶんとラウド系のモダンなアプローチを取り入れていて、縦ノリの曲が多い。ただ、あの90年代ヴィジュアル系くささがほとんど無くなってしまっていたのがちょっと残念だけれども。

 「嘆きのエンドレス」や「super special summer」といったお馴染みのシングル曲はやっぱり盛り上がったし、あややの「Yeah!めっちゃ」をタイトルだけじゃなく振り付けもパクった「Meccha Holiday Yeah!!」というネタ曲(いや、真面目だけど)も用意。その中で、ちょくちょく入るhidekiの振りつけ講座、またhaderuのMC等、お客さんの楽しませ方を知っているなあという印象。この辺の芸人スキルは流石だと思う。ちなみに、ギターのeddieがリード・ヴォーカルを取るメロコア風の曲では、小さいサークルモッシュも起こる。ただ、本人たちはもっとでかいのを要求していたけど、お客さんが慣れてない感じだった(笑)。

 「これまでヒット曲が無かったんですよ。でも、jealkbについにヒット曲ができました。『ヒット曲』っていうタイトルの曲が!」って。これがイントロがもろにラルクの「Driver’s High」だったんだけど、ヴィジュアル系っぽい綺麗なメロディとサビのベタな歌メロが、何だか心地よくていい曲だった。そんな誇れるヒット曲で本編終了。

 アンコールは、代表曲の「jealize」から暴れる楽曲が続く。「お前らが呼んだんだろが、ナゴヤァァー」と煽るhaderu。そりゃあ自然と盛り上がるわな(笑)。その後も「ROLLING」、「D.D.D.」、2度目の「天誅☆あるわけないストーリー」と続いて、今回のツアーではやらないつもりだったらしい曲で締め。ギュウギュウ詰めってわけでもないのにやたらと汗かくほどに熱いライヴだった。それに彼等のロックバンドであり、パフォーマーでありっていう気概、会場との一体感も良かったと思います。数少ない夏ジュアルしちゃってるボーイになれて嬉しいわ(笑)。

 ちなみにこの日は最前中央に中2の男女含む親子がいたんだけど、「君たちは学校に行ったら、jealkbって知らないって言われたとしても、jealkbって凄いバンドがいるってみんなに言うんだよ。最悪、淳のバンドって言えばいい」とhaderuがMCでその子たちに伝えていて、めちゃくちゃ笑った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする