2014/11/30 Especia 「Mucho GUSTO Especia 2014 Tour」 @ 名古屋CLUB SARU

 141130_01

 大阪・堀江のKAWAiiガールズグループ、Especia(弊サイトのレビューはこちら)の初の全国ツアーもいよいよ終盤。セミファイナルとなる名古屋公演に足を運んだのだが、まずは当日の正午に名古屋パルコで行われたインストア・イベントの模様をお届けします。ちなみに彼女達を見るのは、近鉄パッセの屋上で行われたNegipecia(Negicco+Especia)のインストア以来3ヶ月ぶりですね。ワンマン公演は初です。

 11時45分ぐらいに到着すると日曜の昼間ということもあって、すでに多くのペシスト(Especiaのファン)が陣取っているステージ周り。Especiaマネージャーの清水さんの何度かのイベント説明後、12時からイベントがスタートする。ちなみに、ちょい悪系KAWAiiの森絵莉加(モデルの方じゃないよ)は腰を痛めているために、大事を取って椅子に座ってのライヴ。しかし、彼女が冒頭の「アバンチュールは銀色に」の入りをトチったところはKAWAiかった(笑)。この曲からコールは熱いし、一体感がある。ペシストは、名古屋の中心で愛を叫ぶが如し。実際にこの場所は、中心じゃないんだろうけど。

141130_34

 山下達郎さんのカバーとなる「Midas Touch」や『GUSTO』に収録された「アビス」ではアーバンな音色が栄の街路に優しく溶け込んでいく。彼女たちのしっとりとした歌声もじっくりと耳を傾けたくなるものだろう。打って変わっての「ミッドナイトConfusion」からはアゲアゲモードへ。『みんな行くでぇーー♪』 「名古屋一緒にゆれましょう~♪」とメンバーも煽りながら、左右に大きくうねる。

 かのナンブヒトシと共に作り上げたバブルを取り戻す陽気ラップソング「Good Times」では、もなりちゃんと絵莉加ちゃんを除くメンバーがステージを降りてお客さんと次々とハイタッチ。何ともフレンドリーな接触で、弾けるような楽しさがこみ上げ、集まったお客さんにも自然と笑みが溢れていく。さらに中盤のコール&レスポンスもバッチリでございます。ただ、はるかちょと三瀬さんとちかぶぅが僕の近くに全然来なくて、ハイタッチもクソもないのが悲しかった(笑)。

141130_02

 そして、最後は今年の楽曲でも最上位に位置するだろう名曲「No1 Sweeper」。華麗でムーディーなディスコポップ調のこの曲は、あなたの野菜生活に貢献する野菜マシマシなMV以上にライヴでの躍動感が素晴らしかった。こうして6曲ぶっ通しで約30分と結構なボリュームのインストア・ライヴを終えると、ようやくのMCタイムに入る。Perfumeのあ~ちゃんほど方言女子ではないが、メンバーみんながちょくちょく関西弁で話しててかわいらしい。けれども「今日、絵莉加ソロ踊るの忘れてた」と話すちかぶぅだけ、おばちゃんっぽくなるのは喋り方ゆえか、年長者ゆえか(笑)。

 とにかく充実したインストアイベントだったと思います。夜に行われるワンマン・ライヴへの期待を大いに高めてくれましたね。

‐‐‐setlist‐‐‐
01. アバンチュールは銀色に
02. Midas Touch(山下達郎 Cover)
03. アビス
04. ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)
05. Good Times
06. No1 Sweeper(nueva cocina)

141130_32

 


 続いて、舞台は金山にあるCLUB SARUへ。16時半頃からオープニングゲストの3776(みななろ)が登場。・・・ん・・・!? 事前に情報を頭のなかに何も入れずに彼女の事を見たが、ど、どう見ても小学校高学年か中1ぐらいにしか見えない。んで、ホームページにいったら2001年生まれの中1でした(汗)。まさか自分がこの年齢になって、初めて中学1年生の女の子アイドルのソロライヴを見ることになるとは。YUIMETALやMOAMETALよりも年下じゃんか。2000年生まれって都市伝説じゃねえのかと思ってたけど、芦田愛菜ちゃんが2004年生まれで現実を取り戻した。

 そんな3776は富士山のご当地アイドル。ということは、3776の由来は皆さんわかりますよね? 世界遺産ですからね。ライヴに関しては、もう何も言えねぇ。猛者たちによる動画を御覧ください。それが一番手っ取り早いから。ほら、KAWAiiでしょ。

141130_09

 3776のライヴ終了後、少しの時間が経過するとスキマスイッチの「ボクノート」のサビが流れだし、『GUSTO』の「Intro」へと突入。一気に大きくなる歓声に迎えられ、登場するEspeciaの5人。昼間は大事を取って座ってのライヴだった森絵莉加もワンマンからフル参加する。

 そして、いきなりの必殺曲『No1 Sweeper』でライヴをスタート・・・っが初っ端からアクシデント。曲の中盤辺りで急に制御が効かなくなったように轟音ノイズが会場に吹き荒れる。そこから途中で完全に音がストップするが、完全アカペラにまでなっても歌い上げるEspecia。そして、呼応するように一緒になって大声で歌うペシスト。なんだろ、初っ端からこの不思議な多幸感と一体感。そこから仕切り直しの「No1 Sweeper」の2発目が始まると、会場の熱気は早くも大変なことになっていた。最初は、清水さんの演出かと思ったが(実際、絵莉加ちゃんも後のMCで「清水さんがまた何かやってるのかと思った」と言ってたし)、このトラブルを着火点に一気にライヴを持っていった感じがあった。「正気じゃいられないくらい踊ろうよ」と思えるぐらいにね。ちなみにはるかちょのマイクもトラブってて、絵莉加ちゃんのと交換しながら歌ってたのは微笑ましかった。

  その後は「オレンジファストレーン」や「アビス」といったしっとり潤い系の楽曲が続く。「くるかな」のキュートさは五臓六腑に染みるほどで、ライヴではメロウさとアイドル感が増してるのが良かった。自分は前の方でライヴを見てたのだが、やたらとメンバーの子たちと目が合う(気がした)のがYAVAI! YAVAI! カナリYAVAI!わけでありまして。ステージ上の女神たちは本当に美しい。それに一部のメンバーがMCの時に名古屋弁入れた自己紹介してて、胸キュンなったし。やっぱり堀江KAWAiiは、原宿KAWAiiを超える。

 141130_27

 昼間のインストアを経て、Especia完全体となったワンマンライヴはとても充実していた。はるかちょやもなりちゃんの歌声はよりパワフル&キュートに感じたし、三瀬さんやちかぶぅのキレのあるダンスも昼間からステージが大きくなった分、より躍動感とエネルギーがあった。絵莉加ちゃんは腰の影響を感じさせないぐらいに激しいダンスを見せ、最年少スゴいぞを実感させてくれた。ペシスト達も昼間より本領発揮でメンバーの名前を大声で叫び、盛り上がりをアシスト。「俺のエリカァーー!」と力強く叫んでたヤツ誰だよ(笑)。あと、MCにツッコミ入れた時に「特攻の拓ならぬ特攻の清水」とか言ってたヤツも。

 中盤では「嘘つきなアネラ」から「BayBlues」でのムーディーな歌ものが個人的にはグッと来た。白夜を彩るようなサキソフォンと可憐なキーボード、そして彼女達の歌声。これらの曲では彼女達が非常に大人っぽく見えたが、決して照明の効果だけでない曲の威力があった。

 そして、2回目のMC後からはラストスパート。昼間はなかったのにイントロでぺシストがMIX入れての「ミッドナイトConfusion」は、インストアよりも大きく波のように揺れていて、フロアはより一層の熱気を帯びる。「スカイタイム」~「FunkyRock」を挟んで「YA・ME・TE!」が始まると、間髪入れずに「やめないで~~~」という悲鳴のような叫びが(笑)。極上のファンクネスとともに跳ねて踊れる曲だが、サビ後に入るXジャンプならぬYA・ME・TE!ジャンプでみんな一斉に飛ぶ。ブチ上がり必至の連続攻撃であった。その場にいれば、碇シンジも踊って飛びたくなったかもしれない。そして、本編ラストは「ナイトライダー」をクール&ファンキーにキめ、一旦の幕を閉じた。

141130_24

 「エスペシアのツアー、これでラストなんだー! 名古屋の夜はこんなもんじゃないだろー!」と誰かが叫び出してからのエスペシア・コールに応えてのアンコール。「海辺のサティ」のTIFバージョン?から「Mount Up」へと繋ぎ、メランコリックに彩る。そして、告ちぃのコーナーで三瀬さんが12月14日に行われる渋谷TSUTAYA O-EASTフルバンドワンマンをツンデレ気味に宣伝。「来なかったら握手会来てもしゃべらへんで」だそうで(笑)。一応の締めだった「Twinkle Emotion」ではメンバーとのハイタッチ会が訪れる。ちゃっかりメンバー全員とハイタッチに成功している僕、心のなかでヒャッホイですよ。

 しかし、まだまだ収まらないペシスト達。「まだ足りないぞぉおお」からのエスペシア・コールは、やがて大きな「し・み・ず」コールへと変わり、ダブルアンコールへと突入していくことになる。そのダブルアンコールは「ミッドナイトConfusionを」2連発(一応、Version違いを並べてる)。これでインストアから数えると、ミッドナイトConfusionを今日だけで4回。「笑ってー許してー、ミッCon!」とはまさにこのことで、「Eyes on Me!」の大合唱は超熱かったし、思いっきり右左右に揺れた。夢みたいなハイテンションは本当にあったんだと実感。最後は、はるかちょが「まだ踊り足りない人は、O-EASTに来てくださーい」ともうひと押しして、「それではEspeciaでしたー。ありがとうございましたー。」と締めくくられた。

 「まだ、きらシー(きらめきシーサイド)やってねえよ!」という一部の発狂があったけど、SARUのスタッフが迅速にカーテンでステージを隠して大団円。2時間を超える大盤振る舞いの地方公演ラストは、大変な盛り上がりでございました。一部のペシストのテンションがおかしかったが、そこから会場に伝染していって熱狂の夜となった感があったので、良かったと思いますよ。

141130_08

 

‐‐‐setlist‐‐‐
00.Intro
01.No1 Sweeper
02.No1 Sweeper
03.オレンジファストレーン
04.アビス
05.BEHIND YOU
06.くるかな
 ‐MC‐
07.センシュアルゲーム
08.ステレオ・ハイウェイ
09.FOOLISH
10.嘘つきなアネラ
11.BayBlues
 ‐MC‐
12.ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)
13.スカイタイム
14.FunkyRock
15.YA・ME・TE!
16.YA・ME・TE!
17.ナイトライダー

‐‐‐encore1‐‐‐
18.海辺のサティ(TIF 2014 ver)
19.Mount Up
 ‐MC‐
20.Twinkle Emotion

‐‐‐encore2‐‐‐
21.ミッドナイトConfusion
22.ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)

 

 

141130_33 141130_34

ツアーTシャツ。バックプリントのツアー日程がワールド・ツアーになってて、こういうところにもHORIE SPICEが効いててイイネ! ちなみにオスロはノルウェーでございます。そう、ブラックメタルが盛んな土地です。でも、Especia×BURZUMみたいなのは期待してないです(苦笑)。

 

141130_32

 HORIE KAWAiiとなると、グッズにカレーも出せてしまいます。多分、GOタリモさんの「恋の400Mカレー」に触発されたんでしょう。

 


 

 僕が帰った後に、清水マネージャーのツアー総括とO-EASTへの意気込み発表なんてあったのかよ。清水さんのペシサーの王子感が凄い(笑)。No1 Sweeperのアクシデントについても語られています。

 

 ちなみに会場を出ると、雨が楽しい日ばかりを選んで私に降り注いでいたのであった。つ、冷たい。

 


 

141130_12

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!