2015/06/28 FREEDOM NAGOYA 2015 @ 名古屋大高緑地特設ステージ

 150628_01

 前日に開催されたLUNATIC FEST DAY1から朝方に帰宅し、天気が良いから行くかあ!って軽い感じで初参加。名古屋初の無料野外ロック・フェス「FREEDOM NAGOYA」である。2年前には約2万人を動員した記録を持ち、県外にも幅広く知られているフェスのひとつでしょう。ラインナップが若者向け(いわゆるキッズと呼ばれる人たち)であるっちゃあるけど、今年は横山健氏を呼んでたりするし、近年はアイドルステージも増えて幅広い集客を目指している模様である。僕としてはフルポシェとPassCodeがお目当てだったりするけど、色々なバンドが楽しめそうだし、気持ちは若者でありたいので行きました(笑)。

 10時半手前ぐらいに会場に到着すると、既にお祭りムード。緑に囲まれた野外フェスっていうのが単純に気持ちいい。メインステージのビニールシート大会はフェス感に重要なところでしょう(笑)。物販や売店も数多くあり、なぜか名鉄も協賛ブースに出ていた。6年に渡って開催を続けてるだけあって、フェス自体がしっかりと成長しているということなんだろう。でも、会場はやはり若者が多くてウェイでディッキーズで自撮りな感じ。家族連れもそれなりに見かける。緑地公園内の外れの方に癒しの森があって、そこには癒やされてる老夫婦がいたりもした。ちなみにルナフェスの公式Tシャツを着ている方を1名見かけた。おお、数少ない同士よ。

150628_05

 まずはアイドルステージにて、究極人形-アルテマドール-がライヴしてて3ヶ月ぶりに拝見。昨日はSIAM SHADEの「1/3の純情な感情」を幕張メッセで聴いて感動し、今日はアルテマの「3分の1の究極な感情」をフリーダム名古屋で聴いている。っていうことに自分は何なのかと思いつつ、両方を足してもあと1/3足りてないことに気付く。誰か「1/3の◯◯な感情」を作って3/3=1にして欲しいところ(笑)。続いてナトカンも登場して1曲披露。最後は両グループ合同でサビで走り回る運動会とピコピコハンマーでヲタの頭をポコポコ叩いていく例の曲をやってて、朝っぱらからみんな元気だなあと感心するのだった。

 続けてアイドルステージで月と太陽を初めて見る。名前だけしか知らないけれど、DIRの「朔」をリスペクトしているわけではないっぽいし、太陽とシスコムーンをリスペクトしているわけでもないっぽい。曲調はピコリーモのテイストが効いたサウンドで(KAWAii感じの曲もありましたが)客を煽りまくる。それに呼応して先程よりも濃いヲタ芸が繰り広げられ、ある曲ではツーステ大会も。極めつけはリフトしながら目薬している人がいたのには笑った。推しがキレイに見えて良かったね!ロック色の強いアイドルは雨後の筍のようにできているけれど、彼女達は面白い存在かもしれない。

150628_02

 メインステージ(上記画像参照)でサンエルを10分ほど見て、2番目に大きいステージへと移動。名古屋のQaijffを初体験する。地元のクアトロを満員にするぐらい支持を集めている、軽妙なピアノロック男女トリオでございます。ライヴでは当然ながら、持ち味であるピアノと歌メロが立ってて聴き応え十分。可憐さとダイナミズムが同居した感じが野外というシチュエーションも手伝って心地よかったなあ。それでも今回は激しめのロックバンドが多いから負けないように、「気持ちはピアノパンク」で臨んでいるらしく、ヴォーカルの女性が客席を煽る熱い面もみせる。特に気に入ったのが3曲目にやった「organism」で、マスポップ的なそれで良い曲だった。

 終了後は、そのまま横のステージで始まった名古屋のアイドルグループ、Camouflageを初めて見る。かわいく盛り上げる系。けれど、例のグラドルはいないのか。ここからはつばさFlyを5分ぐらい覗いて、FABLED NUMBERを最後の2曲ぐらい見る。君たちもピコリーモかと思いつつ、ムックの「蘭鋳」のようにある曲でしゃがんでからのジャンプをみんなと一緒にやったりしていた。後ろの方で自分も飛びましたよ(笑)。

150628_03

 そして、MEANING。自分の中で名前は知っててもちゃんと聴いてないグループに属している彼等だけど、説得力のあるライヴで熱かった。トリプルギターを駆使しての攻撃的なサウンドに、心臓に刺さるようなメッセージを熱く歌い上げるヴォーカル。その武器をとにかく研ぎ澄ませて、強引にでも客席を巻き込んで絶対的なライヴに昇華する点が単純に良い。うるさいぐらいの熱さが逆に気持ちいいというか。特にVo/Gtの人は、ステージから客席の端の方までダイブで運ばれたり、また向かってくる客と一緒に声をあげたりと、相手と真っ直ぐ向かい合いながらエネルギーを生み出していく感じが良かった。個人的には今日一番印象に残っていますね。ちなみにギタリストの方が腕を骨折しているようだったけど、全然感じさせなかったな。

 それからNOISEMAKERを頭2曲だけ見て、トイレ休憩を挟んで会場をうろちょろしてから、今度は感覚ピエロを見る。初めて聴いたけれど、四つ打ちロキノン系&音楽フェス対応型という感じで、自分的にはあまり刺さることはなく。ただ、「O・P・P・A・I 」と会場全体でコールしてたのはおもしろかった。これ以降はほぼアイドルステージに常駐。プティパがオリジナル曲の他にBiS「nerve」と「レリビ」のカバーを投下して元・研究員達の血を騒がせる。あの空間はすっげー楽しそうだったなあ。彼女達はヴィジュアル面も一番だったように思う。

The Crest Of Evil

 ここでお目当て1のフルポシェさん。アルバムは気に入ってるけど、ようやく初めてライヴ見ます。嬢メタルよりもメタルなガールズ・グループなんだけど、「蒼天-Paradox-」から現場は結構な戦場っぷり。かなりヲタがはっちゃける場らしく、青レンジャーが登場したり、ギターソロのところでは2人のビニールギター侍(片方の人が元キバオブアキバの人っていうw)がリフトされながらソロ弾いたりと特殊な光景が広がる。まあ、それも彼女達の安定したパフォーマンスがあるからだけれど、ステージよりも客の動向に個人的に向いてしまったのは反省(苦笑)。ずまちゃんに青いボールがぶつかる事故もあったけど、もちろん大盛り上がりでした。生で見て思ったけど、みなみんが上坂すみれに似ている気がするのは自分だけでしょうか(笑)。

‐‐‐setlist‐‐‐
蒼天-Paradox- / 暴虐-PARASITE- / 饒舌-DieOut- / 灼熱-Drop- / 幻惑-CHOCOLATEBITS-

Now I Know type-B

 お目当てその2のPassCodeちゃん達はノンストップで全6曲。彼女達もようやくの初ライヴ体験になるけど、フルポシェから引き継いで客席の過熱ぶりが半端ない。「Now I Know」にてでかいピットがいきなりできたのには流石に驚いた。しかしながら、複雑な構成の曲ばかりなのに踊り歌いこなす彼女達4人は凄い。ちゆなのシャウトは、スクリーモ系バンドにゲスト参加できるレベルでカッコいい。「NEXTAGE」をやらなかったのは残念だったけど、冒頭の「Club kids never die」~「激動プログレッシヴ」の流れ、新曲「Now I Know」、そして最後の「Seize the day!!」が特に良かったです。

‐‐‐setlist‐‐‐
Club Kids never die / 激動プログレッシブ / kissの花束 / Seek out the truth / Now I Know / Seize the day!!

 最後はヒステリックパニックがちょっと見れるはずだから見て帰るかーって向かったら、メンバーがはけていっており、もう終わっとるがな(汗)。ということで時間押しまくってたアイドルステージに戻って、ナノキュンを見てから帰ることに。本来は4人編成のようだけどこの日は3人でのステージで、デジロックっぽさもあるアイドル曲の連打で沸く。ただ、中盤辺りで急に前の方からがっちりした体格のオッサン1人が若者4人ぐらいを後ろに引っぱってきて、トラブルが発生(こちら参照)。若者のTシャツを破る鬼のような表情のオッサン、危険危険。わりと近くにいたから、ステージよりもそちらに注目してしまってライヴどころじゃない。しかし、若い女の子がライヴしているという時に、いい大人がこういう事を起こせるってのが信じられないものだ。

 そういった思いがけない出来事はありましたが、前日のLUNATIC FESTとは違うベクトルで楽しめた。その代償におもった以上の日焼け・・・。これも晴れ開催たからこそなんで、良しとしましょう。それにしてもこの規模で無料ってのは本当に信じられない。これから何年も頑張って欲しいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする