2015/12/19 溶けない名前「レコ発名古屋編」 @ 新栄Lounge Vio

20151219_tokenai01

 1stアルバム『タイムマシンがこわれるまえに』をリリースした歌謡シューゲイザー・バンド、溶けない名前のレコ発名古屋編に行ってきました。会場のvioに到着すると、うらん様が受付嬢、島本様が受付伯爵を担当していて、いきなり面食らう。これは溶けない名前の若手メンバーへのパワハラが!と少し思ったりもしましたが(笑)、ひとりひとり丁寧に対応していてそういうことではないと安心しました。

 それにしても前回にvio来たのが半年前のThe Bodyのときだから、今日が異様にオシャレに思えます。溶けなまノスタルジー効果でお客さんも多かった。

 さて1番手に名古屋の大学生トリオのheadache。活きの良いインストですよ、ええ。陽の光をたっぷり浴びる草原を走り抜けるかのように、爽やかで明るく疾走感のあるのが特徴。いわゆる泣きのギター(ちょい演歌入ってる感じする)が耳を惹きつける感じで、タッピングを用いたりもしていました。リズム隊はこのギターを引き立たせるように道を作っていきます。このアンサンブルはなかなかのもの。全7曲を披露し、最後は腕いっぱいにギターをかかげて完。3ヶ月前には同じく名古屋の大学生ヘヴィ・インスト3人組、SONIC DISORDERにインタビューさせていただきましたが、若い芽はどんどん出てくるなあと。ちなみに彼等が今日の出演者の中で仲間ハズレであったことは、 女性メンバーがいなかったことだったり(笑)。

‐‐‐setlist‐‐‐
1. cycle
2. skirt
3. ibis
4. nil
5. flutter
6. fail to escape
7. a ghost secret

Are you happy now?

 続いてApple Light。今年春にドラマーの方が急逝され、ひどい悲しみを負いましたが、アルバムを完成させて戻ってまいりました(そのアルバムのドラム・サポートで、溶けない名前のそがべさんが参加)。本日はバンド編成での復活ライヴとのこと。正直、ちゃんと音源を聴いてないのですが、90年代オルタナティブへの 憧憬を乗せたギターロックで魅せてくれます。戸塚さん(Vo&G)、堀井さん(女性Vo&B)の2枚看板がApple Lightの彩度をもたらしていきますが、MCの押し付け合いからは程よい夫婦感みたいなのあり。spazio ritaの人に指摘されたと話していましたけど、MC に少し暗さはあったかな(笑)。久々のライヴで試運転といったところでしょうけど(メンバーはライヴのクオリティに納得いってないようですが)、新体制はここからでしょう。ちなみに来年のレコ発は11月にリリースした3rdアルバムを全曲演る宣言しておりま した。

 トップバッターに続いて20歳前後と思われる若手Float down the liffeyが3番手。4人編成で彼等も女性Vo&Bを擁します。Vo&Gのイチカワ君が”臨終懺悔”とでかでかと書かれたパーカー着てたけど、何かと思えばNARASAKI氏関連のものでした。ということでそれが紐解けると、COTDの影響下にあるのが理解できてきます。歌、ギターの音色、スピード感 etc…。男女ツインヴォーカルでメロディがいいんだからさ、それだけで魅力があるでしょって話になってしまうという。ステージングは残響系入ってましたが、若者ファンタスティック!な感じで今日1番気になりました。

 

SAD COMMUNICATION

 そして、POLTA。遠征費をまかなうため、物販に救済用名古屋限定セット(1000円)を売り出した2人組です。今宵はサポート・ドラマーを引き連れての3人編成。サブカルチャーミング天使の尾苗愛さんが、ex.禁断の多数決と して知られていますが、POLTAの方をそれより以前にやっててメインらしい。サウンドは渋谷系の入ったギターポップ/ロックで、心をくすぐる懐かしさだったり、淡いゆるふわ感だったり、耳に引っかかる言葉選びがこのバンドならではの味となっています。シンプルだけど、自らを客観視した上での色艶があるといいますか。あとは傑氏の世渡り上手感半端ない明るいMC(多少スベってたところもあった気がするけど、ちゃんとカバー)も良かったと思います。

‐‐‐setlist‐‐‐
1. 30
2. ギルティ
3. 遠くへ行きたい
4. ロビタ
5. すみっこがかり
6. ロマンス
7. 新世界

 

20151219_tokenai02

 トリを飾る溶けない名前は、昨年4月の自主企画時と同様に、デザイナーのコルカロリさんのライヴペイントが同時進行するスタイル。前回はこのペイントと溶けないの演奏が離れ離れだったので、同時に視野に入れるってのは難しかったのですが、今回はプロジェクターで映すことによって両方同時に楽しめます。でも、どっちに集中すれば!?というのは解決しませんでしたが(贅沢なこと言うなw)。

 ライヴはもちろんのこと1stアルバム『タイムマシンがこわれるまえに』を中心に進行。「少女の官能基」~「カルピスちゃん」というMusic Video公開中の曲連発から始まって、新曲あり、『おしえてV感覚』の曲あり。1stアルバムの曲は以前よりも歌メロを意識したといわれていますが、ライヴにおいてもまろやかな聴き心地とウェットな感触があります。3曲目に披露された新曲「黒髪採集」は、最近のバンドの流れにあるようで歌謡曲成分強めで、懐かしい気持ちにさせられました。初聴きとなった「感じる計算機、二十一歳」もゆったりと音色が染みこんでいくようで良かったですね。

 コルカロリさんのライヴペイントは、途中で進捗をたずねられた時に「ダメです」とお決まりの返しをしていましたが(笑)、赤いスカーフのセーラー服を着た少女の画がいろいろと姿・形を変えながら描かれていきます。昨年は3曲目ぐらいで完成して別の紙に新しくという感じだったと記憶していますが、今回は白の絵の具で部分部分を上塗りし、また変化を加えていく感じで2,3回変更していました。セットリストは当日伝えられたそうですが、その中でどう描いていくかってのを思考し、作品にしていくのだからスゴい。最終形は最下部参照。

 

タイムマシンがこわれるまえに

 演奏のことに戻りますが、驚いたのは「こわいせいめいたい」。ここまでアグレッシヴに轟く曲だったっけ?と素直に思いました。溶けない名前統括部長であるそがべさんのドラムがしっかりと舵をとって強弱をはっきりさせてたのもあると思いますが、最後の方のノイジーなギターは相当に心地よい。アンコールでは必殺の「ぼくらの倒錯ごっこ」でさらにやかましく攻撃的にいきます。この曲の流麗に動くバキバキのベース、可憐でキャッチーなアクセントとなるキーボードがまたいいんですよ。

 たくさんのお客さんのもっとにお応えして、ステージに引っ込んでいたのに再登場してアンコールは続きます。絵心が一周してある方だと仰っていたうらん様がなぜか謝罪を繰り返して謎の笑いを誘いましたが、それをイトウさんが真面目に引き締めて最後は「恍惚教室」。美しいメロディに彩られながら50分に及んだステージは幕を閉じました。たっぷり聴けて良いライヴでした。

‐‐‐setlist‐‐‐
01.少女の官能基
02.カルピスちゃん
03.黒髪採集
04.透明通信
05.幽霊少女は八月を殺す
06.感じる計算機、二十一歳
07.こわいせいめいたい

‐‐‐encore1‐‐‐
08.ぼくらの倒錯ごっこ

‐‐‐encore2‐‐‐
09.恍惚教室

 

20151219_tokenai03

 良き人達には良き仲間が集まる、そんなことも感じさせられたライヴでしたね。来年2月にはレコ発finalとなる東京公演があります。気になった方はぜひ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする