2016/02/07 Especia「Hotel Estrella@NAGOYA」

20160207_01

 「この堀江からの卒業」を発表し、上京。それに伴って5人中3人(三ノ宮ちか様、三瀬ちひろ様、脇田もなり様)が卒業するという。茂造じいさんなら「なんてこったパンナコッタ」って言ってそう。かつてのアレではないですけど、Especiaをぶっ壊す的な改革はやめてほしいのですが、もう決まったことは仕方がありません。やめるのをやめますのネルシーニョ監督的展開を期待するしかないかな。ありえないけど。

 Especiaさんのライヴは、5月のクアトロツアー以来(8月のインストア・イベント名古屋は行きましたが)。しかし、朝08:30からのライヴは早い。自分はこんな早い時間のライヴ初めて。これが本当のおはるかちょであり、朝もなであります。にも関わらず後ろまでぎっちりと埋まっている状況が彼女達を後押し。何度か行ってますが、こんな満員のデイトリップは初めてですね(こんな朝早くのライヴも初ですがw)。ちなみにサービスのパンは食べれませんでした・・・。

 そんな早朝のステージ。僕としては現体制を見るのが今日で最後なので、1曲ごとに切なさが募ります。フェミニンな「くるかな」、5人のハーモニーに酔いしれる「アビス」、ファンキーな「ナイトライダー」にしても最後かと思うと余計にね(朝なのにナイトライダーって思ったのは許してくれw)。吹っ切れてこのステージを楽しもうという気持ちはあったけど、感傷的な気分のほうがどうしても上回ってしまう。ペシストさんたちも変に暴れず、節度を持って見守ってる感じがありました。

 本編では『CARTA』からの新曲が2曲披露されましたが、やっぱりこれまで聴いてきた過去曲の方が思い入れがある分、あまり覚えていないなあ。「No1 Sweeper」はとびっきりに気持ちが昂ぶりましたし、最高でした。改めて名曲ですね。この曲の後のMCでは、えりかちゃんが朝一で使ったというグッズの「歯ブラシセット(\1,500)」を通販並のコメント力を交えて宣伝。磨き心地抜群の商品みたいです(ごめん、買ってない・・・)。あと、紹介でいつも言う「大阪の堀江系ガールズグループ」ってのは、「東京の◯◯系ガールズグループ(◯◯は渋谷が有力)」にやっぱ変わるんだろうなあ。

20160207_02

 ダブルアンコールの1曲目には、山根康広氏と藤井尚之氏が手がけた噂の「Clover」を披露。これが新木場で初めて演った時に否の声がたくさんSNSにあがってたのをよく覚えています。なんだ。メジャーのアルバムでは、1曲目に賛否両論のある問題曲を入れる謎のノルマがあるのか(笑)。確かにEspeciaのイメージに合わないハードロック(というか洋楽産業ロック的な)っぽい曲で、これが噂のクローバーか!?とは思いましたが、結局のところ周りの雰囲気が熱くてサビで拳上げてクローバーしてた。最後はオケが消えて観客がウォーウォーとBGM代わりに盛り上げます。そして、「We Are Especia」でゴッソ芸キめて終わる。

 昂揚感と切なさが入り交じる中であっという間の約80分。もっともっとたくさん聴きたかったけど、この日は名古屋・東京にまたがってのライヴ/イベント3本ということで(6時に名古屋入りし、しかも全部車移動らしい)、ダブルアンコールまでしていただけたのがありがたいこと。「(もっと曲やれー的に)こっちは金払ってんだー」とか軽くヤジ飛ばしてた輩もいましたが(笑)、まずは早朝の1本目、お疲れ様でした。

ライヴから「ナイトライダー」があがっていました。

‐‐‐setlist‐‐‐
00.Intro
01.くるかな
‐MC‐
02.Sunshower
03.スカイタイム
04.ステレオ・ハイウェイ
05.Over Time
06.アビス
07.アバンチュールは銀色に(PellyColo remix)
08.No1 Sweeper(nueva cocina)
‐MC‐
09.Avitator

‐‐‐encore1‐‐‐
10.ナイトライダー
11.Twinkle Emotion

‐‐‐encore2‐‐‐
12.Clover
13.We Are Especia ~泣きながらダンシング~

20160207_04

 朝ペシアで見納めになるのはもったいないと思い、16:00からの夕ペシア活動もしてきました。名古屋パルコでのインストア・イベント。去年もここで2回見ましたね。

 しかし、メジャー1stアルバム『CARTA』のリリイベにも関わらず、そこから1曲もやらないという本末転倒な展開は笑ったけど。でも、まさしくThe Especia的な曲ばかりのアガるセトリで、寒さに負けないぐらいに踊れます。ラストの「Good Times」ではもなりちゃんも清水さんに促されて客席にタッチに向かい、ステージに誰もいない状況にオイオイw。そのおかげで4人とハイタッチしてた、オレ。最後には、エリカちゃんが客席を煽ったあとに出た「それは良かったー」が、謎にいじられるこの日限定の流行語と化していたのが印象的でした。

 

‐‐‐setlist‐‐‐
00.Intro
01.YA・ME・TE
02.No1 Sweeper
03.アバンチュールは銀色に
04.ミッドナイトConfusion(Pureness Waterman Edit)
05.We Are Especia ~泣きながらダンシング~
06.Good Times

 

20160207_03

 

 前述したように僕はこれで現在の体制は見納め。言いたいことはありますが(書くと長そうだし)、彼女達の決断は尊重します。Especia東京行くってよ事変により、大きな変化が訪れたわけですが、冨永悠香の想いとともにEspeciaは続きますし、もちろん彼女達の曲は残り続けます。そして、これからも良い曲を残していってくれると信じます。

 

 この後にEspeciaが参加した課外授業というイベント。共演のCICADAさんが熱いMCからの「アビス」カバーしてて、これが素晴らしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする