Aeges ‐‐Review‐‐

PELICANのLarry Herwigを始め、UNDERTOW、16のメンバーを含むポスト・ハードコアバンド。


Bridge

Bridge(2012)

   PELICANのLarry Herwigを始め、UNDERTOW、16のメンバーを含むポスト・ハードコアバンド4人組の1stフルアルバム。こういうメンバーが組んだからこその90年代のグランジ~オルタナからスラッジ色も交えたサウンドを展開。この年代を通ってきた人の胸を熱くする仕上がりになっているのではないだろうかと思う。Fu Manchuやアリチェン辺りが頭をよぎるリフに哀愁のあるメロディを絡め、ヘヴィだが推進力のあるリズムが中心になった進撃する。そんな楽器陣に引っ張られているゆえに、予想以上にパワフルで馬力のある楽曲が多い。加えて、Cave Inを思わせる艶やかな歌唱と激しい絶叫を繰り出すヴォーカルが印象的。鬱憤を晴らすかのように吐き出す叫びから、”渋さ”を感じさせるワイルドな情緒を持った歌までもがしっかりとはまっている。まさに怒涛の#1「Wrong」に始まり、ハードコア~オルタナの感性をいかんなく発揮した楽曲から#5のようにヘヴィなサウンドに乗せて渋い歌が心温めるものまで抑揚がつけられた全10曲。その辺の好きな人の心を突くことは間違いないだろうし、それぞれの個性や先人達への憧憬が見事に形になって表れている作品だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする