藍井エイル ‐‐Review‐‐

機動戦士ガンダムAGE、ソートアート・オンライン、キルラキルといったアニメ主題歌を担当し、一躍人気となった北海道出身の女性シンガー。現在までに2枚のフルアルバムをリリースし、好評を博している。


AUBE(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付)

AUBE(2014)

 その瞳はどこを見つめているんですかエイル様の2ndアルバム。アニメ「キルラキル」の主題歌に起用された#4「シリウス」を含む本作は、オリコンチャートで6位を記録するなどのアクションを残している。なお、タイトルの『AUBE』は、フランス語で夜明けの意。

 本作で彼女の作品を初めて聴いたのだが、昂揚感を誘うパワフルでアッパーな楽曲を中心に据えたロックなアルバムという印象は強い。突き抜ける爽快感を持つロック調のトラック、芯の強さを感じさせる彼女のヴォーカルは非常に相性がよく、実質的なオープニング曲である#2「サンビカ」からそれが伺える。アニメのテーマソングを中心に活動しているとのことだが、エイル様自身が憧れを抱いているというDo As Infinityに通ずるところが多々あるように思う。キーボードが可憐なアクセントをつけながら、心地良く疾走する代表曲#4「シリウス」もまた魅力十分で、その勢いは#5「アストラル」に至るまで持続。キタエリに関しても初めて聴いた時は衝撃を受けたけど、彼女もタイプは違うとはいえ、ここまでエネルギッシュにロック・チューンをかましてくることに単純に驚かされる。

 しっとりとした#9「惑星の唄」やわりとアイドルチックな雰囲気を持つエレクトロ調の#12「Daydream」辺りもはまっているし、叙情的なロックに仕上がっている#13「KASUMI」も好み。個人的には本作では、#3「近未来交響曲」のインパクトが大きく、彼女の伸びやかなヴォーカル、それにハードロック~シンフォニック・メタル的なアプローチがマッチしていて新鮮だった。アコースティックギターと彼女の歌だけで新しい明日を紡いでいく#14「A New Day」でしっとりと締めくくられる本作、アプローチできる範囲は広いと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする