The Appleseed Cast ‐‐Review‐‐

カンザス州出身の 90’s EMO~ポストロック・バンド。90年代から生き残っている数少ない現在進行形バンドの重鎮であり、これまでにコンスタントに8枚のアルバムを発表している。


The End Of The Ring Wars

The End of the Ring Wars(1998)

 90’s EMOバンドとしては、数少ない現在進行形バンドであるThe Appleseed Castの記念すべき1stアルバム。インディ系御用達レーベルである、Deep Elm Recordsからリリースされている。

 透き通るような美しい旋律で引き込み、突如として爆発するエモーショナルな歌唱で持っていく#1「Marigold & Patchwork」からこれだよ!これ!!と思わず昂ぶってしまうエモぶりで最高であります。聴いた印象では、モロにMineralの1stアルバム『Power Of Failing』に近い感触を持っているように思うし、根っこの部分にはハードコアであるということも十分に伝わってくる。ディストーション・ギターを掻き鳴らしての疾走#2「Antihero」、当時のエモ界の雰囲気が伝わる#7「The Last Ring」などの攻めの曲をもちろん用意してくれているが、彼等の場合はもう少しポストロック方面に沿った叙情的な音作りなのが特徴的。鮮やかな花弁をつけたかのようにメロディアスな曲調を丁寧に綴っており、その中でも特に#5「Stars」が秀逸である。藍色の夜を彩る情熱的なサックスとピアノの音色に、感傷的な歌声が重なっていくことで豊かなスケールを表現。90’s EMOでありながらも音響派と呼ばれる所以は、端整な音配置と空間の彩り方にあるかと思う。最終曲の#11「Untitled 1/2」もまた、サックスがムーディーに物語性を高めており、胸が締め付けられるような感動的なラストが待っている。

 聴いていると、90年代末期という時代性も伝わってくるのだが、やはりこの頃のエモ界というのはどこか独特の感傷を持っているからなのだろう。1stアルバムにして最高傑作の評価も頷ける1枚である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする