Astronoid ‐‐Review‐‐

アメリカ・マサチューセッツのポストブラックメタル・バンド。1stフルアルバム『Air』を2016年にリリース。


Air

Air(2016)

 アメリカ・マサチューセッツのポストブラックメタル・バンドの1stフルアルバム。既発のいくつかのEPは未聴、本作で初聴きです。結成にあたってはAlcestの影響が大きいとのこと。それゆえにトレモロやブラストビートを用いた様式はポストブラックに則ったもの。実際にここに甲高い金切り声が聴こえてくればというところですが、ヴォーカルはポストブラックにあらず。ファルセットやクリーン・ヴォイスで構成していて、シューゲイザー要素と交じり合いながら音像に融解。優雅で重層的なサウンドに仕上げています。印象としては4ADの連中が頭のネジが外れたか、いろいろとこじらせたのかでバックの演奏にブラックメタルを取り入れた感じ。間違いなく闇属性ではなく光属性であり、教会を焼き払うような残虐性など皆無です。バファリンより優しさの割合が高めな気さえしますね。#2「Up And Them」や#6「Air」といった秀曲が揃いで、作品全体の緩急も良し。MEWからの影響も強いそうで、幻惑的なムードと美しいハーモニーが聴き心地の良さを増幅しています。実はAstronoidの掲げる「Dream Thrash」という形容はあまりピンときてないんですけど、まろやかさと疾走感で世界を満たしてくれる逸品ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする