athelas ‐‐Review‐‐

2010年結成、sto cosi cosiメンバーも在籍し東京を拠点に活動しているエモ/ポストロック・バンド4人組。


donttalk

Don’t talk about foolishness (2011)

 東京を拠点に活動しているエモ/ポストロック・バンド4人組の1stデモ音源。3曲入りでDISK UNIONで流通している。クリーンなフレーズを多用するツインギターが見事なコンビネーションで組み立てていき、リズム隊が力強く加速させ、ストレイテナーのVoに似た声質の歌が乗るというのが特徴かな。ストレートに胸を強く打つサウンド。陽性のメロディが鼓膜を撫で、展開もツインギターとヴォーカルを中心に次第に高まっていくドラマティックな形で、凄く惹かれる。聴いた感じだとAS MEIASだとかtoeだとかが個人的には頭をよぎった。けれども、小難しい印象はあまり受けない。#2のようにストーリー性の凝った曲もあるが、前述したようにエモーショナル・ロックとしてもっとストレートに感情に訴えかけてくる。

 彼らとの出会いとなったのが#1「Scene」で初めて聴いた時は本当にグッと胸を掴まれた。蒼く美麗な旋律と伸びやかな歌声に乗せ、ドラマティックに突き進んでいく。躍動感があって風通し良く、キャッチーに作られているので現在の名刺代わりの1曲目としてこれほどの適任な曲も無いだろう。活き活きとしたバンドのエネルギーを感じ、僕自身もかなり繰り返して聴いている。ガラッと趣を変えてきた#2「Left」は美麗なツインギターを中心に組み立てていく事は同じだが、陰陽の陰の部分が目立つ曲。展開は非常に凝っていて、クライマックスで感情と音を一気に放出する。哀愁を帯びたギターの音色、それに柔らかなヴォーカルが優しさを注いでいくようなミドルテンポの#3「Finally」も印象的。3曲であるが、メロディの良さで引き込んでいく事の出来る事を示している曲ばかり。エモとしての昂揚感もあり、懐かしい感覚に浸れるようなこともあり、個人的には期待したいバンドです。

 bandcampで#1「Scene」のみ試聴可能。http://athelas.bandcamp.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする