Aureole ‐‐Review‐‐

kilk recordsを主宰する森大地を中心とする6人組バンド。ピアノ、フルート、ビブラフォン等を交えた華やぎのある優美なポストロックを奏で、現代の日本のポストロックシーンの一角を担っている。


REINCARNATION

Reincarnation(2012)

 kilk recordsの代表格バンドの約2年ぶりとなる3rdアルバム。前2作を聴いた時の彼等の印象はといえば、北欧の夜空にオーロラをかけるような優美なポストロックといったところだろうか。ピアノ、フルート、ビブラフォン等を交えたサウンドは華やぎと幻想性を纏い、多くの人々の心を掴んでいる。

 本作においてもこれまでから大きな変化こそ無いが、自身の音楽性をさらに磨きあげて美しい音楽へと昇華。軽やかなリズムに揺られながら、様々な音色が優雅に飛び交う#1「Live Again」から確固とした世界観を築き、以降も情緒豊か/色彩豊かにストーリーが奏でられていく。丁寧に紡がれるメロディは優しく、Vo.森氏も曲調に合わせてファルセットのヴォーカルを聴かせることが多いが、ちょっとヒップホップ調を交えて揺さぶってくることもあり。ダブっぽいアプローチに、後半の楽曲ではエレクトロニクスの比重を高めていて、幻想ポップからの拡張を見事に成し遂げていることも頼もしい。

 ヘヴィなギターリフや物悲しいストリングスがダークに彩る#5「Tales」、圧巻のアンサンブルが堪能できる躍動感に満ちた#6「Dell」等で中盤を締め、Album Leaf風味の繊細な曲#7「Suicide」でじっくりと聴かせ、美しいエンディングを奏でる#10「Leave」で完結。これまでの経験を踏まえての生楽器と電子音のバランス感覚も優れていて、変化を求めつつもAureoleらしさが突き詰められた1枚に仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする