AUTORA ‐‐Review‐‐

▼ シェアする

元Tanzmusik、HOODRUMの山本アキヲ、speedometer.の高山純という関西のテクノ/エレクトロニカの重鎮2人が組んだユニット。朝霧jam’10にも出演を果たしている。


AUTORA

AUTORA (2010)

 元Tanzmusik、HOODRUMの山本アキヲ、speedometer.の高山純という関西のテクノ/エレクトロニカの重鎮2人が組んだユニットのデビュー作。前身・関連作は全く聴いてないが、きめ細かくデザインされた電子音の波によって世界紀行に出かけているような感覚に陥る作品だと思う。エレガントに彩られたエレクトロニカといった印象が 聴いててまず浮かぶが、アンビエント/チルアウト風の落ち着きや独特の浮遊感が穏やかに作品を通底している。美しい煌めきとサイケデリックな光も放つ電子音に揺られ、ゆるやかなテンポに心地よく鼓動を弾ませ、さらにはヴォコーダによるロボット声も時に加えられることで異国の空気感が増す。#4のように盆踊り音頭をベースにエレクトロニカで賑やかに再構築したかのような曲もある。踊るための躍動感は当然あるが、抑性の効いた音色の隅々に懐っこさやセンチメンタリズムが宿されているのが楽しめる要因になっていると思う。

 どちらかといえばリスニング向けかな。独特のエキゾチシズムと異国のムードを反映したサウンド・デザインがとにかく癖になる。どこか気の抜けた脱力感があるのも魅力に感じる。特に太くファンキーなベースラインの上を癖のあるシンセが駆けてリズミカルに快感を促す#6「beta」が一番のキラートラックか。個人的にFour Tetを感じた#8や厳かであるが一番暴力的なテクノ#9も良い。全10曲が様々なユーモアと電子意匠によって構成されていて、柔らかく変相を遂げていく。なおかつ無駄を全く感じさせない所もよく、じっくりと耳を傾けられる作品である。ライヴではneco眠るのギタリストの森雄大、ドラムにBOGULTAの砂十島NANIを迎えて4人組のバンド・セットを披露していて、ロックのダイナミズムを増す生体感はさらに凄そうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ シェアする

▼ フォローする