BiSH ‐‐Review‐‐

「BiSをもう一度始める」という大号令のもとで始まった、アイドル・グループ。二番煎じが本家のBiSを超えて伝説になるという無理難題に向かう、楽器を持たないパンク・バンド。

レビュー作品

> KiLLER BiSH > FAKE METAL JACKET > Brand-new idol SHiT


KiLLER BiSH

KiLLER BiSH(2016)

 「楽器を持たないパンク・バンド」というコピーを引っさげてメジャー・デビュー、あぶない熟女・みんなのハグミィさん脱退を経ての3rdアルバム。前作に続いて1年も空けずのスピード・リリースです。2015年に活動開始したにも関わらずこの速さは異常。

 メジャー・デビュー曲の1「DEADMAN」~#2「ファーストキッチンライフ」といきなりのハードコア全開モードで振り切ったなあという印象。掲げた看板があるだけにパンクしなきゃ!・・・といってもそういった魅力だけに収まらないのが本作です。タイトル・曲調からして某大御所ロック・バンドの名曲ぶり発揮のバラード「Stairway to me」を用意。そして、今回はヴィジュアル系界隈から名乗りを上げたナイトメアのRUKA氏作曲による#5「IDOL is SHiT」は、BiSの『IDOL』をよぎらせるヘヴィ・チューン。以降は彼女たちらしいメロコア系曲が多めで、軽快でノリが良くて心地よいメロウさがあります。#10「summertime」においては初の全曲英詩にも挑戦しています(モモカン作詞)。

 そんな中で本作の肝は間違いなく#3「オーケストラ」。ストリングスを取り入れた壮大な曲調、リズム隊の躍動に昂揚感がもたらされ、アイナのハスキーヴォイスを中心に6人の歌声が物語を彩っていく名曲となっています。Superflyの名曲「Beautiful」みたいなストリングスの導入の上手さがあり、ここにきてこれほど説得力のある曲を投下してくることに脱帽。ハグミィとの別れを表現したような歌詞もグッときますね。

 ハスキーボイスのアイナ、妹系じゃなくなったチッチによるツートップはますます存在感を増し、そこに奇抜なリンリンや新興勢力であるアユニ・Dの妹系萌え萌え(本当本気のMVの彼女がKAWAii)もこれまでになかった味で、グループを前進させます。BiSが復活しようが、お構いなしにまだまだ右肩上がりの快進撃が続きそうなBiSH。本作みたいなアルバムが出る限りは勢いは衰えそうにありません。


FAKE METAL JACKET

FAKE METAL JACKET(2016)

  リンリン、ハシヤスメアツコ加入の6人体制で制作された2ndフルアルバム。前任の流れからお騒がせグループとして成長していくかと思いきや、意外とまっとうな道を進んでいる彼女たち。おいおい、これじゃあ面白くないじゃんという声も聴こえてきそうですが、彼女たちの勢いはそんなものを全く必要としてない感じ。

 本作は6人体制での録り直しと新曲を加えた内容となっています。全13曲の収録。確立したアイナ・ジ・エンドとセントチヒロ・チッチのツートップ体制を主体に、他のメンバーがそれぞれの良さを加えていく。フォークメタルでOTNKを叫びまくる#6「OTNK」の衝撃は凄まじいもの(笑いも含め)がありましたが、松隈クオリティの楽曲は期待を裏切りません。オルタナティヴ・ロックを基本に、切なさとエモさを両手に抱え込んで駆け抜けていきます。青春パンク~メロコア的なストレートさを出しているのがウリ。逆に1stアルバムほど多方面に手を広げていません。

 新曲でいえば#4「Primitive」は振り付けもそうですが、BiSの「primal.」をオマージュした哀愁ロック曲。どこか別れ際の切なさを掻き立てます。それに「Hide Out Cut」や「ODD FUTURE」辺りを彷彿とさせる#13「BUDOKANもしくはTAMANEGI」が感傷を誘う。メンバーの成長、歌唱力のアップが華を添えており、チッチの真っ直ぐさとリンリンの飛び道具的な感覚の声が良いですね。

 ストレートな曲調でまとめたのは、おそらく彼女たちの勢いをそのまま出したかったからということじゃないでしょうか。BiSとBiSHは別物という感覚は本作を聴いてさらに強くなりましたし、BiSHはBiSHでカッコいいとうイメージが強くなりました。そして、「OTNK」の際どい下ネタ表現のサビを気持ちよく歌うことができる限り、彼女たちは大丈夫(笑)。それにしても#1「スパーク」~#2「BiSH ~星が瞬く夜に~」~#3「MONSTERS」の流れは改めて最高だったんだなと感じました。


Brand-new idol SHiT

Brand-new idol SHiT(2015)

 「BiSをもう一度始める」という、元BiSのマネージャーである渡辺淳之介氏の言葉から始まった”新生クソアイドル”の1stフルアルバム。本作発売前にメンバー1人脱退とBiSらしいDNAが変に受け継がれている。血は争えな・・・い・・・??

 奇しくもBiSの1stアルバム『Brand-new idol Society』と同じく全13曲入りの本作。もちろん、渡辺淳之介のマネージメント、松隈ケンタ氏を中心としたSCRAMBLESチームが楽曲を制作することで、音楽面でのクオリティは保証されている。クロノトリガーのオマージュで、「裏方強くてニューゲーム」かよって感じ(笑)。超イエモン臭のする#1「スパーク」の曲調に少し驚きも合ったけど、本家同様のエモーショナルで疾走感のある#2「BiSH-星が瞬く夜に-」を聴くと「これだよ、これ!」と思わず言葉が出てきます。

 #5「サラバかな」や#9「Lonely Girl」の畦道を走り抜けるような開放感、ミドルバラードの#4「Is this call?」で広がる甘酸っぱい味。そういったほんのりとした哀愁と青春味のある軽快なロック・サウンドが軸なのに変わりはない。メンバーが作詞するという点も共通であり(脱退したユカコラブデラックスの歌詞も3曲(#3、#8、#10)で採用)、自らを源泉とした言葉の数々による表現は、楽曲のエモさをより引き立てている。それと詞でもう一つ語るなら、モモカンがつかみ所のないキャラを発揮している感あり。

 もちろん、BiSのように守備範囲は広く、デジラウドロックな#3「MONSTERS」や#9「ぴらぴろ」、マソソソ感のある#8「TOUMIN SHOJO」といった変化球をコーナーにきっちりと決めてくる。キュートさを押し出した#6「SCHOOL GIRLS, BANG BANG」も含めて色んな曲調をやりつつ、アルバムとして締まったものに仕上げているのは、製作陣の力量によるもの。もっと攻めたことができたとも思うが、ここは最初だからあえて抑えたということでしょうか。しかしながら、BiSの時もそうだったけど、生楽器主体の方がらしさを感じるかな。それはBiSの「レリビ」を髣髴させるラストトラック#13「Story Brighter」で特に思うこと。この曲は、初期衝動と疾走感による無敵のライヴ・アンセムと化す姿がイメージできます。

 炎上を縦軸、破天荒を横軸にして形成されていた博士の愛したBiS曲線に習うと、彼女たちはまだマイナス方向に分布している状況だが、これから果たしてどうなるのか。ちなみにBiSHとBiSはメンバーが違うぐらいで大差は無いらしい。ということは、あの破茶滅茶全裸メソッドが生きてくる??  また歌詞によると、彼女たちは「これでも彼氏は2人まで♡」だそうです(笑)。まあ、ナンダカンダ言われるとは思うが、クオリティは十分。破ってくストーリーが始まる挨拶代わりの作品。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする