The Black Angels ‐‐Review‐‐

バンド名はvelvet undergroundの曲名から拝借したという、アメリカ・オースティンのサイケデリック・ロック・バンド5人組。ネオ・サイケの重要な位置を担っているというそのサウンドは、13th Floor Elavatorsのロッキー・エリクソンもお気に入りなんだとか。また、2011年のフジロックへの出演が決定している。


Phosphene Dream

Phosphene Dream(2010)

   本国・アメリカでは2010年9月にリリースされた3rdアルバム。ここ日本でもフジロック出演の吉報からか、11年7月頭にめでたく国内盤が発売の運びとなった(しかし、僕が買ったのは輸入盤だけども)。

 もう聴いてすぐに“サイケデリック”と叫びたくなるような作品である。螺旋状に激しく波打つギターが平衡感覚を失わせて、強烈なトリップ感をまずはお約束。そして、ヨレヨレの気だるいヴォーカルがシリアスな感性を持ってサウンドの上を泳ぎ、グルーヴィなリズムもまた酩酊感に拍車をかける。彼等は13th Floor Elavatorsやヴェルヴェッツ~等をルーツにあげているが、その影響は確かに濃い。ズブズブと深みにはまっていくようなサウンドを思いっきり展開し、目蓋の裏側からじわっと効いてくる。ヘヴィでブルージーな感覚と古きアメリカン・ロックの味わい、そこにスペースメン3のようなドラッギーなサイケデリアが加わって、歪みに歪んだ音像を汲みあげていくのが大きな特徴といえるだろう。時にはオルガンやギターソロが主張して、60~70年代のガレージ/サイケの風景が見えるのだが、ふわふわとした浮遊感や近年のオルタナティヴ・ロック的な感触も巧く調和している。それがネオ・サイケとして評される所以か。プリミティヴな叫びや聴覚がイカれそうなファズ・ギターを強引に轟かせる所もあっておもしろい。

 ぼやけた視界に囚われているとブーストしたギターの波に昂揚感を煽られる#1、ダウナーで妖しいロックを展開しつつも優美な瞬間も垣間見れる#3、13th Floor Elavatorsへの愛を感じさせる#4、低部を蠢くベースラインと徐々に存在感を増していくファズ・ギターが印象的な#7とサイケをキーワードに変相を見せる楽曲群は充実していると思う。ルーツを重んじながらも今のサイケデリック・ロックを放つこの若手、注目だろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!