cinema staff –Review–

望郷 (通常盤)

望郷(2013)

 岐阜県出身の4人組による2年半ぶりの2ndフルアルバム。聴くのは、残響レコードから出ていた一番最初のミニアルバム「document」以来なんだけど、いつの間にかメジャー・デビューを果たしておりました。

 彼等の過去の印象を述べると、9mm Parabellum Bulletのフォロワー的な音楽だというイメージが強く残っている。割と歌は爽やかなんだけど、初期衝動を生かした攻撃性の高いサウンドが持ち味だったように思う。けれども、本作で聴かせる音楽はその頃とはまるで違う。冒頭を飾る表題曲「望郷」から驚きで、切ないメロディを前面に押し出した序盤から力強く大空に広がっていくサウンドにグッとくるものがあった。上京を経たことでの人間的な成長が等身大の自分達を上手くみせているような気がする。いい意味で力が抜けていて、清流の如き叙事性と真っすぐに歌の表現を追求したことで作品の独特の味わいへと繋がっている。

 もちろん#3「西南西の虹」のようなフックの効いた楽曲やダンサブルな揺さぶりで攻める#7「いたちごっこ」、絶唱絶唱の「蜘蛛の巣」みたいな曲もあれど、衝動に任せるというよりは作品の中での幅を広げるという形で機能している印象があるか。それでも#4「時計台」や#5「日記」辺りではUSインディー~エモ風の感傷的なメロディと柔らかな歌に引きつけられ、自身の過去の音と現在の音を上手くリンクさせた#12「小さな食卓」辺りがいい味を出している。洗練の先にあった、一回りも二回りも大きな成長。特にその真価は美しいエンディングを飾る9分超にも及ぶ壮大な楽曲「溶けない氷」で表れている。

 上京後の想いだったり、そこから来る故郷への想いだったりが上手くパッケージされている作品であるのは間違いない。飾らない等身大の彼等が生んだ13曲。じっくりと耳を傾けたい一枚だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする