Cross My Heart ‐‐Review‐‐

アメリカ・バルチモアの叙情派エモ・バンド、Cross My Heart。Deep Elmから2000年に発表した2ndアルバムにしてラスト作『Temporary Contemporary』は、陰ながらエモ史に残る名盤とされている。


Temporary Contemporary

Temporary Contemporary(2000)

 アメリカ・バルチモアのエモ・バンドの2ndアルバムにして最終作で、かのDeep Elmからリリースされている逸品。彼等もまた表舞台でその力を発揮することは無かったようだが、静かな熱をたぎらせながら奏でる情緒的なエモでコア層を中心とした人々の胸を打った。クリーントーンを主体に彩られる淡く切ないサウンド、繊細な歌心を持ったRyan Shelkettのヴォーカルを聴いてもわかるとおりに、当時の90’s EMOの流れを汲んでいる。清流のようなメロディは、それこそMineralやPenfoldといったバンドの影響下にあるように感じるし、ドラマティックに楽曲を織り上げていく点もまた惹かれる要因だろう。ただ、彼等の場合はもっと落ち着いた雰囲気があり、”歌”に重点がかなり置かれているようにも思える。#1「The Great Depression」を皮切りに、切なく綴られる楽曲の数々には、思わず涙腺が緩む。しかしながら時折、声を荒げて叫ぶのも御愛嬌。そんな繊細でいて力強いメッセージのこもった名作である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする