Crone ‐‐Review‐‐

ISISでとても良い仕事をしてたベーシスト、Jeff Caxideの新プロジェクト。


Endless Midnight

Endless Midnight(2011)

   ex-ISISのベーシスト、Jeff Caxideによる新プロジェクトの初作。ミックスにはアーロン・ハリス、マスタリングにはジェイムズ・プロトキンを起用し、アートワークにはアーロン・ターナーとフェイス・コロッチャ嬢(Mamiffer)が携わっている。

 延々と続く夜の闇、そこに一瞬だけ差す柔らかな光。そんなジャケットの世界観を寸分の狂いも無く、丁寧に丁寧に機織りしていった結果が本作である。ISISを経由しつつも言葉は無く、また暴力性も一切感じさせないダークなムードに包まれたシネマティックな音像が特徴に当るだろう。5曲約50分の音絵巻から成る本作は、ヘヴィ・ミュージックより一線を置き、スピリチュアルな内省的表現力にアンビエント/ドローンが実に洗練された手腕で描きだされた作品といっても過言ではない。驚くほど張り詰めた緊張感の中で、Jeffのふくよかなベースラインが軸となってアンビエント/ドローンのくぐもった音像の中で揺れ動き、儚げな電子音やキーボードが繊細に触れ合いながら表情をつけていく。さらにはギターが美しい余韻を残していく場面もあるし、パッと光が差したような煌いた瞬間が訪れたりもする。10分という長い時間をかけて、そういった様々な音の粒子が触れ合い・溶け合うミニマルな展開とゆるやかな変相によって、心地よい陶酔感に浸れる事ができるはず。燃えるような朝焼けに向かって繊細に組み立てられていく#3、クリアなベースの蠢きとエレクトロクスが美しい空間を生成していく#5が特に印象的。そしてまた、かつての盟友であるアーロン・ハリスにブライン・クリフォード・メイヤーの参加もまた、その音響を一段と深化させている。聴いているとkranky辺りからリリースされてそうな気さえするし、本のような造詣の深さも本作から感じることができるだろう。

 アーロン・ターナー総帥もそうだが、ISISに敬意を払いつつもまた違ったベクトルにJeffが進んでいる事を悠然と示す内容となっている。かつての仲間の助力を経て、ここまで神聖かつムーディーな芸術的音響を築き上げたことに驚きを隠せない。聴き終わったときには不思議な昂揚感に包まれていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!