DAITA ‐‐Review‐‐

▼ シェアする

元SIAM SHADEのギタリストで若手No.1とも評されたテクニック・センスの持ち主です。解散後は氷室京介のギターサポートや映画「火山高」の日本版サウンドプロデュースなどを経て2003年に1stアルバムを発表。さらにはアミューズの通販でしか手に入らないという「DIRECT CHORD」もリリース。2005年からは新バンド BINECKSも始動させた(現在は、活動休止)。


EUPHONY

EUPHONY(2003)

   “ギターが歌う”をコンセプトに作られた作品。SIAM SHADE時代のような作品を期待すると間違いなく肩透かしを食らうだろう。テクニカルな面は極力抑えてあり、オーケストラを導入した壮大なスケールの作品に仕上がっている。神秘さに満ちた曲の数々、そして哀愁メロが胸をこれでもか!というぐらいに熱くする。ギターが生み出す情念が幾重にも重なり、大きな感動の波となって、肉体という防波堤を突き破り心臓へと浸食する。何度聴いても感動という文字以外、浮かんでこない。大粒の涙がその証といえる。DAITAのまた違った1面を感じた作品であるし、DAITAの感性の良さというのも改めて思い知らされた。歌うギターにここまで感動するとは正直、思ってもみなかった。ただこの流麗なメロディに耳を傾けて欲しいと切に思う作品だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ シェアする

▼ フォローする