discotortion ‐‐Review‐‐

北海道のエモ/オルタナ・バンドとして全国にその名を轟かさせたCowpersの元メンバーを中心とした6人組


bakuyou

暴妖(2014)

 北海道のエモ/オルタナ・バンドとして全国にその名を轟かさせたCowpersの元メンバーを中心とした6人組(ツインドラム、ギター、バリトンギター、ベース)の3rdアルバム。重要メンバーの脱退から新メンバーを一気に追加、新生disctortionとしてのスタートを飾る作品となっている。アートワークは、Drive Like Jehu/Hot SnakesのRick Frobergが担当。

 本作で初めて彼等の作品を聴いてみたのだが、とても個性的であることが脳内にインプットされた。#1の呪術的なパーカッションから、中盤で重量級のリフが轟いた瞬間に完全に持っていかれる。整理されていない混沌、爆音の宴。音楽的には、サンディエゴ周辺のポストハードコアから、Shellacのような硬質オルタナティヴ・ロック、それにUnsane辺りのヴァイオレンスな狂気までがミックスされていて、非常に強烈である。スピーカーから極端にブーストされた音が乱舞し、鼓膜を蹂躙。カオス・エンジンと化すツインドラムを基盤に、とぐろを巻くヘヴィ・グルーヴに体を煽られ、重いリフで執拗に攻める。そして、呪文のような詩を投げかけては、このバンドでしか成し得ない異様空間を作り上げていく。謎の作品名、謎の曲名もその妖しさを助長。聴き手にはほとんど向き合うことなく、独自の音楽を徹底的に突き詰めて、見事に結実している。

 作品としては、大半で”激”の部分が際立っているが、90年代エモの流れを持つバンドであることから、メロディックなスパイスも上手く生かされている。そのバランスに長けた#2は、生々しいロックの衝動とメロウさが共存していて、思わず唸る1曲。High On Fire辺りのファンにも刺さる豪傑激走ロック#3にしてもかっこいい。儀式ヘヴィロックとしての側面が出た#6も印象的であるし、#7で炸裂し続ける重爆音も衝撃的。ここまで聴いてきても雑多なジャンルがごった煮されているのだが、付け焼刃というレベルでは無い昇華ぶりで、どの曲も病みつきになる中毒性を持っている。さらに彼等流のジャンク・ロック歌ものへと昇華させた#8は、大どんでん返しのラストも含めて聴き応え十分。

 ”皆、正しくロックする。そして我々はあくびが止まらない”とは本作品リリース時のレーベルInfoにある言葉だが、それを世間に問いかけるには相当な覚悟が必要となる。ただ、本作はその言葉を突きつけても全く文句のつけようのない、強烈な衝動が詰まっており、異形の形で様々な境界線を突き抜けたからこその圧倒的な説得力を持つ。今までに聴いた事のないものを聴いてみたいと思う方には、是非ともこの「暴妖」をオススメしたいところだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする