Esben And The Witch ‐‐Review‐‐

名門レーベル、マタドールが惚れ込んだブライトン出身の男女3人組。“ナイトメア・ポップ”と評されるその音楽は、数々のアーティストから称賛を浴びている(Mogwaiや65dosなどがリミックストラックを手掛けたりもしている)。バンド名は、デンマークのおとぎ話、「エスベンと魔女」から。


ヴァイオレット・クライズ

Violet Cries(2011)

   マタドールが惚れこんだというUK・ブライトン出身の3人組のデビュー作。Cureが引き合いに出される彼等の音楽は、恐ろしいほどハマってしまう中毒性を持っている。

 THE XXのような仄暗く静やかな感性とミステリアスな浮遊感のあるサウンドに、氷の様な冷たさを持った紅一点のレイチェル・デイヴィスの声が重なった時に驚くべき磁場が発生するのがこのバンドの特徴といえるだろう。虚無の空間を冷徹な空気と奇妙なポップ感が混じり合った音色が切なく響きわたる。“ナイトメアポップ”と評されている程の独特のソングライティングで、シリアスなサウンドと透明感のあるメロディを志向しており、ホラー要素も含めて体の芯から震えを覚えてしまう様な音楽を形成しているように個人的に思う。このダークなメランコリアは、一種のホラー映画を見ているようでもあり、幻想的な森へと誘われているかのようでもある。

 ポストロック的な上下動の中で冷たい女性ヴォーカルが胸に刺さる#1を入り口にして、あとはこの世界の中に堕ちていくだけ。どの曲も淡々と静かに進行していく事は確かなのだが、盛り上げ所をちゃんと用意しておりラストにため込んだ狂気と混沌が爆発するのも特徴的。また、電子音の使い方も仄暗さやホラー感を煽る形で楽曲の憂いやダークさを引き立てているし、各楽器の音が程良く分離して空間を巧く塗り分けてる印象もある。メランコリーと浮遊感が一層極まる#5には思わずハマってしまった。肌を差す様な冷たい空気と緊張感、仄暗い世界の中で映えるメランコリーは本当に癖になりそう。時折の妖しい光もまた、彼等の音楽へと誘う力となっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする