Errors ‐‐Review‐‐

Mogwai主宰のRock Actionより作品をリリースしているグラスゴーのエレクトロ・ロックバンド。


Have Some Faith in Magic

Have Some Faith in Magic(2012)

   Mogwai主宰のRock Actionより作品をリリースしているグラスゴーのエレクトロ・ロックバンドの3rdアルバム。個人的な感想をまず述べれば、エクスペリメンタルな実験性と昂揚感溢れるポップさが上手く足し引きされたエレクトロという印象が強いかな。空間を眩いまでに輝かせるシンセにギターが重なり、意外なほど明確に浮き沈みする重低音ビートが躍動感を与えている。

 80sっぽいチープなシンセ音はニューウェイヴ~エレポップに通ずるものだし、メロディも非常に洗練されていて耳を引く。また反復の快楽を上手く用いつつ、効果的に飛び出るトライヴァルなリズムがグッと体を持ち上げてくる。この躍動感がHoly Fuckを思わせる感じでなかなか。さらに立体感を出すような音のレイヤーの編み方も練られている。そして、本作で積極運用しているという歌は、コーラスっぽく楽器のように用いられているのが印象的。Hot ChipやFuck Buttonsが引き合いに出されていたが、確かに通ずるものはあるんだけども、Errorsは独自のユニークなテイストを持ったエレクトロを追及していってる感じだ。ダンスミュージックにも接近するノリのよさ、さらにはジャーマン・エレクトロ的な要素も垣間見え、彼等なりのポップを昇華する余裕も見せた本作は、The Silent Balletでは8.5/10を記録。世界的にも受け入れられているようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする