Farewell Poetry -‐Review-‐

詩人や映像作家などを擁するパリの前衛的ポストロック6人組。


Hoping For The Invisible To Ignite

Hoping for the Invisible to Ignite(2011)

   詩人や映像作家を擁する6人組の前衛的ポストロック6人組のデビュー作。

 物憂げなアルペジオとストリングスが厳かに鳴らされ、シンセや声のサンプリング等を用いながら臨場感のある物語を構築する。さながらGY!BEのように底なしの暗黒に引きずり込まれるような幽玄なサウンド。それを背に、悲壮感に満ちた女性(とっても美人でございます)の抑揚あるポエトリー・リーディングがミステリアスに響くのが大きな特徴といえるだろう。特に19分をかけて祝祭の瞬間が訪れる#1は、静と動の起伏を生かしてシネマティックな音像を構築し、前述したようにGY!BEを髣髴とさせる。丹念に丹念に救いようのない闇を描き出していくような序盤は、緊張感のある静謐の中で鬱蒼とした空気に包まれていく。それが終盤ではサックスが暴れ、フィードバックが轟くなど聴き手を圧倒する。ドローンやアンビエントにもヒントを得ながら徐々に物語の中へ落とし込んでいったかと思うと、轟音のアンサンブルが恍惚へ。さらに映像作家がいる強みを生かした映像描写力と喚起力も作品の大きな助力となっている。

 続く組曲形式の#2、#3では前半の#2で絶望の淵に立たされたようなもの悲しい闇に包まれるが、#3ではまるでExplosions In The Skyを思わせるリリカルな静と動のドラマを展開。この手のファンにはたまらない強い光が降り注ぐような轟音に包まれるクライマックスは、異様なまでの歓喜に満ち溢れている。しかしながら、アウトロの如し3分半の#4ではクラシック音楽の重みと深みを持ったピアノの旋律が、ただただ重い余韻を残していく。ハッピーエンドなんて無い、そんなメッセージのように。

 予想以上に静と動の起伏があったことには驚いたが、音や声の見事な調和が成す映像性の高い作品は、まるで映画を見ているような感覚に陥る。哀しみの底へ行き、呪術的なムードも醸し出し、歓喜へと解き放つ。やはりGY!BEのように時間の流れを変える魔力を秘めた作品だと思う。本作は、コアな音楽WebzineのThe Silent Balletではレーティング9/10を獲得し、年間ベストアルバム第5位に選ばれるほどの高い評価を得ている(ちなみに2012年第1位はGrails『Deep Politics』)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする