Foals ‐‐Review‐‐

踊れるロックを武器にシーンに殴り込みをかけ、08年のデビュー作『Antidotes』でヒットを飛ばす。以降は、オーガニックなロック・サウンドへとシフトし、2ndアルバム『Total Life Forever』でさらなる賞賛を浴びた。フジロックへも幾度か出演を果たしている。

レビュー作品

> Total Life Forever > Antidotess


Total Life Forever

Total Life Forever(2010)

 2年の時を経て完成させた、この2ndアルバム、『トータル・ライフ・フォーエヴァー』は聴いて本当に驚いたが、完全に新境地を開拓している。2ndアルバムというものは1stアルバムをより力強く成長させていくことを選択するバンドが多いと思うのだが、フォールズは2作目にして早くも別次元を見据えた。”踊れる” を主眼に置いた作風を目指していた前作の流れから一変して、性急なビートや初期衝動は鳴りを潜めており、ひとつの終着点に向かってゆったりと丹念に紡がれていくような曲で固められている。それによって世界観はミステリアスな深みと美しさを増した。彼等らしい単音ギターの旋律やヤニスのあどけないヴォーカルに面影はあることはあるのだが、おおらかなグルーヴと意識の深奥を吸い寄せていくかのような深遠な引力がここに存在している。

 元々、マスロックを礎にした緻密な構成力には定評があったわけだが、細部にまで神経が行き渡った精微さが美しい音の波動を生んでいる。インパクトという面では前作には遥かに及ばないのだが、静かに刻々と海底に山脈を形作っていくような構築の妙が印象的だ。噛み砕くのに時間がかかる音楽であることは確かだが、流麗なサウンドゆえに、すっと耳に入ってくるので不思議と聴きやすさは変わっていないように思える。澄んだギターの音色、柔らかく蠢くリズム、独特の色艶をもたらすヴォーカル、繊細なピアノや煌びやかなキーボードなどなど、全てのパーツがスタイリッシュかつ滑らかに組み合わされおり、前作のように派手に音を重ねているわけではないが、有機的なグルーヴがとても心地よい。それにシューゲイザーっぽいギターやエレクトロニカっぽいアプローチを見せる曲もあって、曲調の広がりで成長を感じさせてくれたりもする。でも、この熟成の中で、時たま出てくる前作のような熱っぽい部分や若さが爆発する部分が、聴いていて思いのほか嬉しかったりもした。

 全体的に静謐にデザインされていてファンの中で賛否両論を巻き起こす作品であることは間違いない。それこそファン層を塗り替えるぐらいの。けれども、ここまで理知的な部分を表現し、新たな方向へ舵を切った本作は、素直に”深化”と表現したい。聴けば聴くほど見えてくるものがある。


Antidotes

Antidotes(2008)

 弾けるディスコ・パンクによる誘惑と快楽

 踊れるロックを武器にシーンに殴り込みをかけてきたUK期待のニューカマーFoalsのデビューフル。新人のクセに全く素っ気無く、売る気も無いようなふざけたジャケ写がやけにチープに感じるが、インディー界の寵児などとも呼ばれてただけあって、中身は本物。ダンスミュージックとロックの接近を試みたディスコ・パンクなどとも評されるサウンドが特徴でダンスミュージックの要素を積極的に取り入れている。前身バンドでポスト・マスロックをやっていたこともあり、癖になりそうなギターのフレーズやグルーヴ感にその辺りの面影がチラホラ。バンドのバックボーンにはさらにニュー・ウェイヴやプログレといった要素もあり、それらも加えて、彼等なりにいろいろとジャンルを再編しつつも、最先端を意識した音楽というのを示している。

 鋭敏に刺激するサウンド、奇抜なビートが立て続けに創造され、思いもよらない昂揚感に胸が弾み、体が揺れ、地表も揺れる。ど頭からカラフルで躍動感あるハイテンションなナンバーで攻め立てるが、中盤にはシリアスなナンバーも収録し、じっくり聴かせることも忘れない。日本盤ボーナストラックにはインディーズ期の名曲とうたわれる「Hummer」「Mathletics」も収録されており、これらの楽曲も非常に先鋭性の高い楽曲で聞き逃してほしくない曲だ。

 基本的には彼等の楽曲は非常にポピュラーだと思う。マスっぽいギターが一番印象的だとは思うが、サックスやキーボード等も楽曲の彩度を高めており、耳なじみが良い。非常に難しそうなことやってますが、しっかりとポップに仕上げてきている辺りがリスナーに優しくて好感が持てる。UKロックはほ~んとたまにしか聴かない自分ですが、これは素直に気に入りました。解毒剤なんてタイトルつけているけど、この中毒性の高さはむしろ”バイオ・ダンス・パンク”とよびたくなるほど(笑)。とりあえず今作で飛びぬけたテンションで突っ切る#2「Cassius」を聴いて踊り狂えばストレスもぶっ飛びそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする