Fragment. ‐‐Review‐‐

2006年にスタートした、フランスのThierry Arnalによるソロ・プロジェクト。JesuやNadja辺りを彷彿とさせるドローン・シューゲイザーを志向し、一部で話題を呼んでいる。ベルギーのConSouling Soundsレーベルを中心に、正式リリース、自主製作を問わず、10作品前後リリースしているそうだ。


Bittersweet

Bittersweet(split)(2010)

 UKバーミンガムの有力な実験音楽家であるAndy Swan(ex-FINAL)とフランス人ティエリー・アルナルのソロ・プロジェクトFragment.による入魂のスプリット盤。共に2曲ずつを提供し、共作のタイトルトラックとリミックス音源を含む全6曲44分が仕様になる。

 畏怖すら覚える神々しいオーラと美麗かつ重厚なサウンドウォール、そして輪郭がぼやけたかのようにまどろむ歌声。Fragment.は下でもレビューしている通りにJesuなのだがIrohaもほぼJesuです、どうしようもなくJesuです(笑)。音楽性に差異はほとんどないぐらいに。ホント、両者ともに共通項は多いのだが、Iroha(#1,#2)の方がキーボードやプログラミングを多用して、重厚でありながらも優しく光り輝くような世界を奏でている印象を受けるだろうか。機械生成の音を多用しながらもひと肌の温もりの感じられるサウンドを抽出して、大らかに包み込んでいく。冬から春への移行期、雪解けの瞬間が訪れた感じがirohaの音楽から感じられる。一方、Fragment.(#4,#5)は前回述べたように”JESU 65% + Nadja 35%”というのは本作でも変わらんけれども、こうして比較対象を持って聴くと地を揺らす激震のリズムと壮大なスケール観を伴ったサウンドが意外なほど強烈。人力とプログラミングによる深い陰影や言い知れぬ緊迫感を持って迫る音の塊には、有無を言わさぬ説得力も備わっている。シューゲイズ~ドローン~パワー・アンビエントを循環しながら打ち立てる轟音の壁に茫然と立ち尽くしてしまう。コラボ作の#3は、壮大で哀愁漂う曲に仕上がっているが、個人的には各々のソロ曲の方が楽しめたと思えるのが正直なところか。

 ちなみにこのCDは全世界500枚限定プレス。ただこちらのサイトから全曲試聴できるし、ダウンロードもできる模様。Jesuに感化された方々の堂々たるシンクロ、ちょっとしたトレンドになっていることを感じてもらえればと思う。


is your truth carved in the sand? / イズ・ユア・トゥルース・カーヴド・イン・ザ・サンド?

is your truth carved in the sand?(2009)

    フランス人男性ティエリー・アルナルのソロ・プロジェクトFRAGMENT.の日本デビュー盤。既に10枚前後の作品を発表していることもあって、選りすぐった8曲を集めて勝負をかけたベスト盤の内容となっている。リリースはGod Is An Astronautや今年Nadjaまで発売してしまったHappy Princeから。

 ”JESUを彷彿させる神々しさ、ALCENTを想起させる清涼感、NADJAに匹敵するエモーショナルな楽曲性・・・。” というキャッチコピー(そもそもこの3つの名前を出してもわかる人は少ないと思うのだが)がある程度物語っている通りに、シューゲイザー + ドローンメタル + アンビエントな音楽性を志向。重たくうねるベースラインと硬質なドラムによるゆったりとしたリズムの上を、重厚なディストーションギターと静かに囁き続けるヴォーカルが密度を高め、そこに眩い光の破片が降り注いで重たい雰囲気の中に圧倒的な浮遊感を漂わせている。

 冒頭の#1、#2からバンドの特徴が大いに現されており、打ち立てる巨大な轟音壁と儚げな叙情が崇高な世界を浮かび上がらせるその様は圧巻だ。その強度の高いヘヴィネスと柔・豪のバランス感覚に明暗のコントラスト、それに展開に頼らず曲の壮大なスケール感と神々しさで聴き手を圧倒してしまう様はJESUを髣髴とさせる。っていうか俺の印象としては”JESU 65% + Nadja 35%” ってところ(温かなノスタルジーに満ちたALCESTに通ずるとは全く思わないんだけど)。二者のいいところが巧く組み合わさっている感じだろうか。とはいえ、ヘヴィな豪の部分でも二者ほどゴツゴツとはしておらず、全体としてもメランコリックな叙情味と幻想的な光で包まれていて、美しく儚げな印象を残している。だからこそ「希望」とか「救い」という言葉がより強く脳裏を掠めるんだと思うが。

 後半の曲ではシガーロスの神聖さも伺わせ、白昼夢にまどろむような展開から神々しい光に包まれるような感覚まで、ジャンルを越えて支持される説得力を持った1枚だと思う。8曲で69分(最低6分台で、10分超が2曲)と敷居は高いが、じっくりと向き合えば新たな発見があるはず。ただ、個人的には先駆者のJesu程のカタルシスとまではいかなかったけど。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする