HB –Review–

2004年12月に結成されたインスト女性トリオ。2005年にはアルバム未発表ながらフジロック出演も果たす。2007年に初作品「HARD BLACK」を残響レコードよりリリース。その後もコンスタントに活動を続け、2010年には待望の2ndアルバム『Black Hole In Love』を発表した。


Hard Black

HARD BLACK(2007)

   5曲入り約30分のデビューミニアルバム。柔らかくリズミカルなベースライン(映像を見るとアップライトベースを使ってるっぽい)の上をドラム、パーカッションが怒涛のように押し寄せる人力グルーヴ・ポリリズムの渦。民族テイストの香りすら漂わせ、プリミティヴな響きも感じさせるリズムの波は高い昂揚感を覚えるほどであり、音の生々しさやダイナミズムがしっかりと表れている音楽だ。冒頭の#1「HARD BEER」では嵐のような音符の乱れ打ちによって、頭の中を鮮やかなリズムが残響する本作屈指の楽曲だし、8分超の#2や#5でみせる徐々に昂揚感が高まっていく手法はROVOなんかを彷彿とさせる。グロッケン(鉄琴)による煌びやかでもの悲しいアクセントも絶妙だし、ダブステップやエレクトロニカの要素も絡ませて自分達にしか成し得ない独自の音楽というのをかなり追求しているのがわかる。女子達がこんな異端な音楽を追求しているとこがなんとも痛快だし、何気なくやってるセンスの良さも尋常ではない。ジャケットどおりの幾何学的グルーヴ感に酔いしれたい方は是非。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする