Implodes ‐‐Review‐‐

アメリカ・シカゴのサイケデリック/シューゲイザー/ドローン・カルテット。独自のミステリアスな世界を作り上げる期待の新星である。


Black Earth

Black Earth(2011)

   krankyよりリリースされたデビュー・アルバム。タイトル『Black Earth』は、バンドが創り上げた空想上の場所を示すそう。そして、本作はそのコンセプトに沿ったように深い霧の中をゆっくりと邁進していくような作品である。ボーっと聴いていると、暗くサイケデリックなノイズの海の向こう側で、ミステリアスな世界観が浮かび上がってくる様子に、いつの間にか意識も吸い寄せられていることだろう。

 ゆったりとした落ち着いたリズムの上で、シューゲイズ風の厚みのあるファズ・ギターが鳴り、シンセが厳かに鳴らされてダークかつ奇妙な雰囲気を助長し、リヴァーヴのかかったおぼろげな歌が麻薬的な陶酔をもたらす。これには耳から徐々に徐々に浸食されている感覚を覚えるぐらいだ。シューゲイズ/ドローンという境界線を無くしたかのような轟音に苛まれていく。そして、その中に添えられていく微かな光を放つメロディがまた滋味深い。いわゆる轟音といえるサウンドが聴けることは確か。だが、ここでは繊細な構築美から柔らかい轟音を形成しているのが印象的。浮遊感や奥行きを丁寧に意識したハーモニーは、神経の一本一本にまで不思議な陶酔が植え付けられているような、そんな感覚を持っている。

 マイブラの如し白昼夢の様なシューゲイザー、Nadjaを思わせるパワー・アンビエント/ドローンといった要素を持ち、さらには、インディー・ロックのローファイな感性も含む。空間を埋め尽くすような洪水ノイズの中で、多角的な魅力を内包して上手く表出することに成功しているといえるだろう。アコースティック・ギターから零れてくる旋律に涙腺が綻び、ギターを中心としたサイケデリックな染色も施しては、人々の内省に迫る。時にエキゾチックに、時に牧歌的に、時に不穏に鳴るサウンド・メイキングはこのバンドならではの個性を早くも確立しており、このモノクロームの風景には世界も染まっていくことだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!