inyou ‐‐Review‐‐

前身バンドから装いを新たに2015年に産声を上げた、静岡県浜松市の男1女2のインストゥルメンタル・トリオ。シガー・ロスやMONO等に影響を受けた美しいサウンドを持ち味に、これからを刻む。


 

inyou01

rain falling to the sea at night/asea(2015)

 静岡県浜松市の3人組(ギター、ピアノ、ドラム編成)による名刺代わりの両A面1st シングル。公式サイトでは”アンビエントロック・バンド”と自らを表現しているが、彼等が鳴らす神聖で美しいインストゥルメンタルには恐れ入った。いずれの2曲も”海”をテーマに掲げており、明確なストーリーに沿った形で書き下ろされたものだという。ライヴを拝見した際には、ギターの方がSigur RosやMONOといったバンドの影響を口にしていました。その真摯な表現は、確かに先人達に通ずるものといえるでしょう。

 8分を超える#1「rain falling to the sea at night」は、それこそMONOを髣髴とさせる楽曲でとても情緒豊か。ギターや鍵盤を中心にグロッケン、ストリングスが絡み壮大な物語を描き出す。タイトル通りに夜の海に降る雨は冷たい悲壮感を湛えたものだが、やがては激しい波音を思わせる轟音パートへと突入していくことになる。とはいえ単なる音圧合戦に持ち込むわけではない(そういうのが得意という感じもないし)。そこではカタルシスを味わうとともに、優しさや希望がもたらされるようになっている。あまりに美しい1曲だ。

 そして#2「asea」は、1曲目から繋がるような形で朝を迎えた印象を受ける。静かなピアノの旋律が視界をパッと開かせ、関西のアコトロニカ・ユニットのCojokのメンバー2人がコーラスとギターでゲスト参加することで荘厳さに拍車をかけていく。ゆえにクラシカルな印象すら残す本曲であるが、時間の経過とともに虫眼鏡で集めた光のような力強さを得ると同時に、聴き手の背中を押してくれるようなポジティヴさがある。こちらは神秘、そういった言葉で思わず表現したくなる曲だろう。

 本CDに収録された2曲は、共にinyouのyoutubeチャンネルでフル試聴可能。そこではストーリーの基となる詞を掲載しており、創り手と聴き手のイメージの共有を図ることで、よりその世界観に浸ることができる。現存のポストロック界隈から抜け出るわけではないし、ライヴ補正もあるけれど、僕としてはinyouの誠実な表現が気に入りました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする