Jimmy Eat World ‐‐Review‐‐

93年に活動をスタートさせてから早20年。”エモ”というジャンルを語る上で欠かせないバンドのひとつであり、現在も精力的に活動中の4人組。


Damage

Damage(2013)

 活動開始から20年目を迎えたエモの看板バンドのひとつ、JEWの3年ぶりとなる通算8枚目。彼等の作品で聴いた事があるのは、4th『Bleed American』だけなんだけど、それと比べるとずいぶんと滋味深い作品となっているように思う。レーベルを移籍して第一弾というのがあるかもしれないが、テーマとなっているのは“大人の失恋”で感傷的なメロディが問答無用で染み渡ってくる。地に足のついた普遍さ、身近な温かさが楽曲から感じられ、全10曲の半数近くでアコギが鳴らされていることも手伝って、妙にノスタルジックにも感じられたり。彼等を表現するにあたっては、必然的に”エモ”という言葉が付いて回るが、本作は燻し銀のロック・サウンドという方がしっくりくると言えるかもしれない。60~70年代っぽい古き良き味わいがあり、インディーロックっぽい感触もあるし。それでも骨太なアンサンブルは健在で、軽快で小気味よい楽曲から、ゆったりとしたスロウテンポの曲までを丁寧に操っている。思わず口ずさむようなキャッチーさと滑らかな展開が光る#2「Damage」、牧歌的なアコギの旋律に乗せて草原を軽やかに駆ける#4「Book Of Love」、本作の中では一番パワフルで彼等らしいエモーショナルさが全開の#7「How’d You Have Me」などなど。ベテランの風格と円熟の味わい。ジミー・イート・ワールドの新しい夜明けを告げる様な一枚かと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする