Jodis -‐Review-‐

元ISISのアーロン・ターナー、元KHANATEのジェイムズ・プロトキン、ティム・ワイスキーダによる新バンド


Black Curtain

Black Curtain(2012)

   ISISとKhanateのメンバー計3人が手を取り合い、張り詰めた緊張感の中で美しいサウンドを標榜するJodisの2ndアルバム。前身の精神が崩壊するような激烈音楽を超えた先にあった果実。1stアルバムで聴かせた、アーロンの艶やかな歌い回しとメロディに重きを置いたつくりからは大きく変わってない。デリケートなギターによる反復とアンビエンスな響き、音像を引き締めるドラム。それらが驚くほど饒舌で、神々しい音色を獲得せんとばかりに精度を上げている。Jodisとしての明確な方向性を示しており、10分を超える#1「Black Ground」からアーロンの歌と歪んだギターが反復を続け、新たな地平に向かって進んでいく。聴いているとミニマル・ミュージックや現代音楽、それに宗教的な印象を受けるだろうか。#3「Red Bough」では天上へと上っていけるような饒舌な音色も聴かせ、#5「Awful Feast」では霧の中を儚げな声がループし続けるという驚きもあり。とはいえ、全6曲で1曲のように感じられ、やや鬱蒼としたムードで包み、ミステリアスな響きが深層意識にまで訴えかけてくる。ちょっとした咆哮は隠し味。賢者が集まってこそ造形される音、それが表れていると思う。1stから納得の1枚に仕上がっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!