喜多村英梨 ‐‐Review‐‐

RE;STORY(初回限定盤)

RE:STORY(2012)

   ジャケ写のギャル感が半端ないキタエリの愛称で親しまれている人気声優・喜多村英梨の1stフルアルバム。オリコンチャート初登場5位を記録するほどの人気を誇るそうですが、自分はアニメ/声優方面の知識は全くありませんのであしからず(キタエリさんも全然知らないので申し訳ない)。

 各所で”ヴィジュアル系~メタル方面にアピールするサウンド”と煽られてたことが、今回チェックした大きな要因である。そして、実際に聴いてみるとこれは!!と反応するものが確かにあった。ガルネリウスのギタリストのSyuをゲストに迎え、いきなり大仰々なシンフォニック・メタルをぶちかます#1「re;story」から驚かされる。重厚なサウンドをキーボードとストリングスで壮麗さを加味し、彼女の伸びやかな歌声がさらに楽曲の質を引き上げている。クサさ全開のギターソロはさすがにSyuといったところでしょうか。続けざまの「Veronica」ではもろにヴィジュアル系ヘヴィロックで攻め立て、パワフルな歌と演奏が見事に合致。ここまででも彼女の音楽的嗜好が反映されており、ロック色の強さが作品に顕著に表れていて好印象である。

 さらには、軽快な疾走感の中で琴や尺八の音色を取り入れた#3「紋」、ジャジーなテイストを押し出した#6「Baby Butterfly」、デジロック#8「LOVE & HATE」といった新鮮な驚きを与える楽曲も用意。この辺りのバラエティに富んだ曲調は、当然のように色々な人々にアピールできる仕掛けにもなっているし、彼女のシンガーとしての魅力を引き出すことにもなっている。#9「Be Starters!」以降は、打って変わってピュアで可愛らしいアニソンJ-POPで攻めてくるので、聴いていると小っ恥ずかしくなったりするのですが(個人的にあんまり聴かないので耐性がないのです)、アルバムを構成する上での必要な要素であったのは間違いないでしょう。萌えは正義。っていうか#12のベースがTOKIEとかマジか。

 喜多村英梨のルーツと世界観を味わえる作品に仕上がっており、アニソン無縁のわたくしでも結構楽しめました。これまでになくヘヴィなんで、従来のファンからはちょっと拒否反応もあるみたいですけど、逆に新しい層を開拓できるエネルギーが本作にあると思います。ヴィジュアル系~メタル方面に確かにアピールできるかと(どちらかといえばヴィジュアル系好きの方かな)。しかし、このギャル感は改めて凄い。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする