虚弱。 ‐‐Review‐‐

平成生まれの女子4人によるインストゥルメンタル・バンド。ギター、ベース、ドラムといったシンプルなサウンドに可憐なピアノやグロッケンが上品にアップデートを施していくサウンドは、心に潤いを与えてくれる。2枚のデモ音源が好評を博し、2012年にはデビューアルバム『孤高の画壇』をリリースした。

レビュー作品

孤高の画壇 > donguribouya


孤高の画壇

孤高の画壇(2012)

2つのデモ音源で確かな軌跡を刻んだ平成生まれの4人組ガールズ・バンド虚弱。のデビュー作。kilk recordsよりリリースされ、アートワークは「神の子供」や「カフカ」などで知られる漫画家、西岡兄妹が担当している。

 温かく、優しく、煌びやかに。小気味良い柔軟なアンサンブルに微笑みかけてくるような麗しいメロディが鼓膜に残る。昨今のインスト・ポストロックを基軸にしつつも、洗練とアイデアを重ねながらポップ・ミュージックへの道を彼女たちは突き進む。前デモ音源『donguribouya』を聴いた時にグッと心を掴まれたものだが、よりポップに仕上げ、間口が大きく広がったと思える本作も胸がときめいた。toeやmouse on the keys辺りが頭をよぎるようなサウンドに、端正で瑞々しい鍵盤の調べが大きく主張しては楽曲へと引き込んでいく。ジャズ~クラシカルな素養を随所で花開かせつつ、透明感のある叙情性を主体にした音の響き、やや複雑でありながらも軽やかで流麗な展開が作品を力強く支えている。また煌びやかで情緒豊かな楽曲群には、魅力的なキャッチー&ポップさが備わっており、ラスト曲#9「affection」では初音ミクをフィーチャーし、初めてとなった歌ものを大胆な形で表現している点がおもしろい(僕はボーカロイド関連はよくわからないけど)。

 特にPVが公開されている序盤2曲(#1「哲学者の論破」、#2「egoist」)が確実に作品へと引き込んでくれる秀曲だろう。力強い演奏に牽引されながらもポップ感覚が煌き、素敵なメロディが語りかけてくる。わかりやすいフックを設けながら、どこか上品でいて若さゆえの蒼さが伝わってくる点も良い。前デモ音源に引き続いて収録された#5「網膜における抽象画」での清冽とした音色の連鎖には思わずハッとするし、1stデモに収録されていた「nennen」では、ポストロック風のダイナミックな展開を用いながらも軽やかに聴かせてくれる。クラシックと交錯しながらドラマティックに仕上がった#7「saying his prayers」もまた穏やかで美しい。前述した#9のように趣味的な部分を作品に上手く昇華した、美意識とスタンスにも驚かされる。インスト好きの琴線に触れるのみならず、もっと多くの人々が心を動かされるだろう楽曲の数々。彼女達の成長として受け止めたい良作だ。


donguribouya
donguribouya(2010)

平成生まれの女性4人によるインストゥルメンタル・ロックバンドの2ndデモ音源(ディスク・ユニオンとライヴ会場でのみ販売されているようだ)。

 昨今のインスト勢と共振するような所も多いが、たおやかで美しい。凛とした輝きを放つ作品である。柔らかなフレーズを鳴らすギター、ふくよかな稜線を描くかのようなベースと神経質に刻むドラムがシンプルなサウンドを形成し、その上をピアノが可憐に舞い、キーボードやグロッケンが煌めいた因子を仕込んでいく。ジャズやクラシックも咀嚼したポストロックを聴かせてくれる印象で、どの楽器も非常に透明感に溢れていて、品位のある音色を奏でている。それは雪化粧をしていくかのような美しさの限りなき研磨、麗しさのアップデートの賜物だろう。サウンドトラックのような佇まいもみせてくれる。虚弱。の作品からはコンパクトながらも物語性の高さを感じさせ、全体のカラフルな色彩感もまた印象的だ。時に甘くイノセントなメロディがたゆたい、柔らかな光が差し込んできたかのような温かさ、浮遊感を醸し出しているのも個人的には惹かれる。

 しかしながら、切ない叙情を湛えた楽曲でしっとりと聴かせるだけでは終わらせない。感情がポンと弾けたかのようにシューゲイザーに寄り添った轟音が飛び出したり、一気のアンサンブルで荒々しくキメにかかる場面もある。それは、思春期の揺れ動く感情を落とし込んだかのようであり、彼女たち自らが”病的且つどポップ”と表現する意志表示の表れかもしれない。ポストロッキンな展開を軸にクラシカルなピアノが鮮やかに世界を変える#1「donguribouya」、切ないグロッケンの音色と温かなバンド・サウンドがmiaou辺りとシンクロする#3「kabetosogy」は心地よいし、しっとりとしたピアノの旋律美と柔軟なグルーヴが特徴的な#4「網膜における抽象画」には特に胸が動いた。より大きなスケール感が出てくると一層の深みと精度が高まってくるとも思うが、現在でもセンチメンタルな感情を孕んだ十分に物語性の高い楽曲が揃っており、壮麗なる美しい輝きを放っている。5曲で約23分程の純白のファンタジーは安息の中で確かな昂揚感を覚えると共に、彼女たちの 可能性を強く示す作品といえるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする