MAG-NET –Review–

元カリガリ,元SEX MACHINEGUNSの超絶べーシストである村井研次郎によるソロプロジェクト。壮大な世界観と優しく労わる癒し系サウンドの融合。村井研次郎という才能に改めて驚かされる。


magnet

MAG-NET(2004)

   calii≠gariの無期限活動休止に伴い、ソロとして活動し始めた(その後にSEX MACHINEGUNSに加入するが)村井研次郎の1stアルバム。ドラムスに上領亘、ギターに是永巧一を迎えて製作された。

 CDを再生して聴こえてきたトランスミュージックに一瞬、買うCDを間違えたのかな?と錯覚したが、いわばそれは今まで彼の音楽を聴いてたきた人間に対しての啓示だったのかもしれない。極めて芸術性の高いこの作品は、“音楽による世界大航行”と評すべき物。1曲1曲が夜空で輝きを放つ星のような個性を持っていて、楽曲自体も完成度が高い。ジャズ、フュージョン、トランス、テクノ、ロック、オルタナティブ、ヘヴィメタル等の様々なジャンルが渾然一体となり生み出される独自の創造音。万人に認められている村井研次郎のテクニカルな超絶ベースは鳴りを潜めているが、それは全く問題ではない。むしろ一つ一つのバランスを重視しているところがさすがだと思う。

 テクノサウンドとベースの融合が絶品な#1、執拗なベースのリフレインから徐々に熱気を上げ迸る#2、温かい朝日が大地に息吹を与える#3、深紅の鳳凰が今にも天へ飛翔していきそうなギターサウンドが特徴的な#6などがオススメ。今作中で一番の凄みを覚えたのは#5。静寂の中をピアノとベースが輪郭を造り、ゲストVo.イズミカワソラの美しい声が世界に癒しを与えていき、無意識のうちに自然と楽曲に引き込まれる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする