Narrows ‐‐Review‐‐

元BOTCHやTHESE ARMS ARE SNAKESの面々を母体にして生まれたある意味ではスーパーバンド。そのカオティックなうねりとインテリジェンスの掛け合わせは相変わらずである。


New Distances [Explicit]

New Distances(2009)

   元BOTCHのヴォーカリストやTHESE ARMS ARE SNAKES、Unbrokenといったメンバーを母体としたNarrowsの1stフルレングス。聴き手に爆発的混沌と叡智を見せ付けたBOTCHからの産物ということもあって、印象としてはBOTCH以外の何物でもない。ただNarrowsの場合は、体から湧き上がる衝動によって生まれゆく野蛮さと凶暴さがやや押し殺され、全てが理知的コントロールの統制化にあるような緻密な感じ。ヘッドホンから脳内に叩き込まれる地獄絵図はもう過去のものとなっている。

 序盤#1、#2こそはBOTCHの系譜を受け継ぐ殺意と狂気の大拡散・大激動の畳掛けにビンビンに痺れるが、その後の不穏な静寂を軸に激動も交えた展開ぶりは何だか不気味さの方が皮膚を伝う。随所に差し込まれる冷えきったフレーズが神経をすっと侵し、ナイーヴになった耳触りと繊細で珍妙なミニマリズムが暗さと妖しさを助長していくその様はNarrowsというバンドへ生まれ変わったとでもいうべきものだろうか。リズム隊も硬質としててタフである。醸しだす独特の冷めた空気感といい、BOTCHのとき以上に感じる浮遊感といい、奥行きとアレンジの深さといい、クールなインテリジェンスとシニカルな毒素が最も良い形でパッケージされた作品になっている。癖の強さも引き込むポイントであり、Alternative Press誌上の『2009年知るべき必要のある100バンド』の1つに選出されたのも納得の一枚である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!