The National ‐‐Review‐‐

NYブルックリン最後の大物と評される5人組ロックバンド。4thアルバム『Boxer』が徐々に世界的なヒットとなり、その後も着実に人気を高めている。


High Violet

High Violet(2010)

   NYブルックリンの5人組、ザ・ナショナルの5thフルアルバム。世界的に高評価を獲得した4th『Boxer』以来、3年ぶりとなる作品である。個人的にはこの作品で初めて聴くが、やはり儚く枯れた哀愁と静かに燃え上がるような情熱を湛えた歌声が、胸を強く打つのが特徴といえるだろう。豊かな情感を湛えたダンディな声がじわっと大地に根を張っていくこの感じ。歌声だけでここまで感動したのは結構、久しぶりな気がするし、それほどまでに胸を打つ力を宿している。

 朝焼けを思わせる#1「Terrible Love」のイントロから彼等の音楽に吸い込まれ、それからは完全に虜。全編に渡って胸を焦がされていく。バックの演奏はアメリカン・ロックを基調としているが、デリケートなメロディと豊かな空間性をもたらすギターが柔らかくも力強いサウンドを構築している。リズムの拍動、ピアノの流麗な音色も凛として響いており、またオーケストラやホーンが重層的な広がりをもたらしているのも特徴に挙げられるだろうか。程よい隙間を残しながらメランコリックに染みてくる。一聴すると地味に感じられたりする部分もあるが、それもこれもヴォーカルの歌声の磁力を引き出すためのようなもの。儚げな哀歓と生きていく意志、そして渋い魅力が荒野に広がっていく。ブルックリンという変態養成地域からここまで直球のロックが花開くことにも驚きだが、既に彼らには堂々とした風格すらも漂っている。優しさも力強さも、身をくるんでしまうような包容力を備えた見事な一枚である。先行配信された”Bloodbuzz Ohio”が本作のハイライトで、感動的なまでのアンサンブルと歌にはただただ涙を誘われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする