Neil On Impression ‐‐Review‐‐

L'oceano Delle Onde Che Restano Onde Per

L’oceano Delle Onde Che Restano Onde Per Sempre(2009)

   イタリアの大所帯ポストロック・バンドの09年発表の3rdアルバム。これはオーケストラのような荘厳さと華やかさを持ち合わせた好作である。本作で彼等の作品は初めて聴くんだけど、透明感をも感じる美しいギターフレーズとリリカルなピアノが基軸となって物語を奏でていって、伸びやかなトランペットや冷たくも儚い鉄琴、そして壮麗なストリングスなどの助力がさらにドラマ性を高めている。静と動のコントラスト、豊かな起伏を描く感じではあるんだけど、全編に渡って貫かれているのは見事な叙情性。キラキラと輝く世界が一面に広がっていくような楽曲群には心を軽く奪われてしまう。引き合いとしてはGY!BEやEITSといった大御所を出したいところだけど、切迫感を持ってメランコリックに紡ぎあげられているし、大所帯から成るアンサンブルの妙、そして多彩な楽器を交えたことでの色彩感もまた鮮やかなもの。ポストクラシカル風のピアノに管弦楽器が絡み、最後には轟音と共に巻き上げられていく#1は圧巻だし、テクニカルなポストロックを聴かせる#4はやはり多楽器からくる豊かなハーモニーが他バンドとは一線を画す。気品高い#8や壮大に展開する神聖な#10も印象的である。過去作は未だに聴いてないが、本作に収められた12曲約65分はインスト好きは避けて通れないという格言もぴったりの一枚かと思う。Denovaliにてフリーダウンロード可能

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする