N’夙川BOYS ‐‐Review‐‐

THANK YOU !!!

Thank You(2013)

 KING BROTHERSの2人に女性1名を加えたベースレス3人組の初のベストアルバム。当然ながら、1stアルバム『N’夙川BOYS』から3rdアルバム『24HOUR DREAMERS ONLY』までのいいとこどりとなっている。今、勢いのあるバンドとして認知されていると思うけど、改めていい曲が多いなあと(ベストだけどねw)。個人的には、2nd『LOVE SONG』とメジャーから発売されたミニアルバム『プラネットマジック』は聴いてるんだけど、切ないメロディとローファイなサウンドが印象に残っていて、男女ツインヴォーカルも凄くキャッチーで良い。口ずさめるような明快さの上で、ロックンロールな勢いもあり。小難しいことなんて何もやってないけど、この魔法のような突き抜けたポップさが支持される要因となっている。変に背伸びしない良さというかね。なかでも目玉はやっぱりモテキにも使用された#8「物語はちと?不安定」で、一度聴いたら耳から離れないような良曲。他にもどこか懐かしい感触を持つ#9「アダムとイブがそっと」、甘酸っぱさと切なさが入り混じる#13「プラネットマジック」、荒削りなんだけどやっぱりポップな#17「24hour」など充実の21曲を収録している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする