number0 –Review–

東京都で活動するポストロック4人組。シガー・ロスやアルバム・リーフといった美意識に富んだポストロック勢と親和性の高いそのサウンドスケープは聴くものを確かに魅了する。また、メンバーの一人はKYTEのプロモーション・ビデオを手がけるなど映像作家としても名を馳せている

レビュー作品

> PARALLEL/SERIAL > chroma


PARALLEL/SERIAL

PARALLEL/SERIAL(2012)

   堀江博久氏をプロデューサーに、toeの美濃隆章氏をエンジニアにそれぞれ迎えた2年ぶりとなる2ndフルアルバム。前作では、シガー・ロスやアルバム・リーフ等に通ずる優美な音像を中心に据え、その幻想的な世界観で人々の感動を誘っていたのが記憶にあるところ。だが、”殻を打ち破りたい”という本人達の言葉がダイレクトに伝わってくる本作は、万人に薦めたくなるような普遍的なポップネスを湛えた作品に仕上がっている。

 先行シングル#1「RETURNING」における華やかなインパクトと強く美しいハーモニーに、大きな期待を持った人も多いだろう。色鮮やかで豊かな詩情を持ったこの曲をPVでチェックさせてもらった時は、僕も強く彼等に期待した。そんな本作でとにかく驚くのが作品全体で逞しくなった筋力であり、躍動感である。これは、バンドとしての肉体的な表現力にこだわった事からきたとのことだ。だが、歌うようなベースラインに力強いドラムを中心に大地を跳ね、伸びやかな歌声が高らかに青空を舞う#2「Ladybird」みたいな曲がnumber0から聴けるとは、実は思っていなかった。ヴォーカルを取り除けば、エンジニアも担当したtoeに近い感触を覚える人は少なくないと思う。

 もちろん、万物を諭すような中性的ファルセット・ボイスに爪弾かれる繊細なメロディ、清々しいピアノ/キーボードなどは健在。#4「STORM」ではこれまでの彼等らしい哀愁と幽玄のサウンドスケープが聴けて安心する人も多そう。彼等らしい詩情/幻想性を保ちながら力強さとダイナミズムが増し、そして明瞭なポップ感が全体に染み渡っている。あくまでも自然体でありながら、バンドとしての感覚がさらに研ぎ澄まされたアレンジの妙は際立つ。#3「PILUM」では梅林太郎がピアノでゲスト参加してユニークなサウンドを盛りたて、#7「IRENE」ではセンチメンタルな情感を初めて女性ヴォーカリストを迎えて丁寧に表現しており、バンドの野心はここにも表れている。

 耳を澄まし、じっくりと聴き入りたい全8曲。”ポストロックという枠を大きく超えたバンド・サウンド”という言葉通りに、ポップ・ミュージックの扉を開けたnumber0の新章が存分に楽しめる一作だ。


chroma

chroma(2010)

   東京都を中心に活動するポストロック・バンド4人組の、1stEPより実に3年かけて完成まで辿り着いた1stフルアルバム。アートワークは現代美術家の中山ダイスケが担当している。

 バンド紹介にもある通りにシガー・ロスやアルバム・リーフ辺りを想起させる、キメ細やかにデザインされた優美な音像がこのバンドの最大の特徴になるだろう。センチメンタルなギターフレーズが柔らかな弧を描き、ゆっくりとしているが力強い抑揚をみせるリズムが彼等の基盤となっている。さらには牧歌的なアコギや儚いピアノの旋律が普遍的な温もりを与えており、ヨンシーを思わす天から漏れてくるような中性的なファルセットが持ち味のVoも新鮮で清々しい息吹を楽曲にもたらし、幽玄な世界に輝きと幻想性を加味。隙間を優しく埋める音響エディットにしても大気を震わせながら抜群の空間性を築き、前述した要素と交わりあって精妙に美へと収斂していく。そしてそれが、ひとつの壮大な風景画を描いている。

 また、柔らかな風、小川のせせらぎ、穏やかな陽の光、透き通った空気、そういった自然を脳内に映像化してしまうほどの風景描写に長けたサウンドには、独自の色が物濃く反映されているように思う。静かに揺さぶりをかけるかのような深みのあるこのサウンドスケープは、職人的と表現しても差し支えない。間違いなく、シガー・ロス以降を体現する精巧なポストロックといえるが、悲しみの向こう側から多幸感が漏れてくるかのような造りは玄人的手法と呼べるぐらいに巧みだし、辛い時に背中を押してくれるかのような強さもまた心地よく感じられる。

 #1や#2における壮大な歓喜の表現の素晴らしさ、静謐に様々な音色が重なり合いリリカルな終着点へと導く#3といった曲を始めとして、”Chroma=彩度”というタイトルそのものを豊かに紡いだ作品に仕上がっているといえるだろう。多岐の感情に語りかけてくれるような優しさにも惹かれる、そんな稀有な一枚です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする