オオルタイチ ‐‐Review‐‐

活動休止を発表したウリチパン郡でも抜群の存在感を放った、関西屈指のトラックメイカー。


Cosmic Coco, Singing for a Billion Imu's Hearty Pi

Cosmic Coco,Singing for a Blllion lmu’s Hearty Pi(2011)

   実に3年ぶりとなる3rdフルアルバム(過去作は未聴)。不勉強なもので、ウリチパン郡も名前しか知らなかったりする。だが本作を聴いて、彼の志向する幸福のダンスホールともいうべきものに虜になってしまった。

 4つ打ちを基調としたダンス・ミュージックに、ポップだけど言語不明の微笑ましいヴォーカルと流れ星のように煌びやかな音色を盛り込み、ファンタジーと多幸感に満ちた楽曲を造り上げている。彼は、エイフェックス・ツインやBoredoms等に影響を受けたようなのだが、それでいてここまでポップを核に据えて不思議な無重力宇宙空間を計算された構成で編みあげていくのに驚きを隠せない。その音像からは”電子音を核に据えて表現したneco眠る”というイメージが個人的には浮かぶ。軽やかで躍動感があって、なおかつアイデアも豊富。その上で包容力と開放感があるので聴いててとても気持ちイイ。

 全体的には神経質なまでに音の配置に拘っているのを感じさせ、計算されつくした印象はあるのだが、その上でポップと快楽性を重要視して、なおかつその集積を最終的に中毒性にまで昇華している点は凄い。ふくよかな曲線を奏でるベースラインの上を不思議なヴォイス・サンプリングと電子音の仕掛けを施すことで浮遊感あるトラックに仕上げた#2を始め、本当に聴いていると楽しいダンストラックばっかり。OOIOOのOLAibimを起用した#4「Coco」では甘美なヴォーカルと不思議なサンプリングの前に吸い込まれるし、所々のリズムに気を利かせながらも落ち着いたメランコリーが滴る#7もじっくりと耳を傾けられる。極彩色のビートに乗って勢いよく突き進む#10も大変よろしい。その中でも個人的にはコズミックなグルーヴ感に可愛らしいメロディと即興ヴォイスが乗る#3が特に好み。カラフルなトラック郡はまさしくおもちゃ箱をひっくり返したようなもので、ピースフルな空気が拡がる充実の作品。関西ゼロ世代からポスト・ダブステップまでを橋渡しするほどの可能性を秘めている。

 彼のハイブリッドなセンスはさすがにジャンルも国境も越えて評価されているらしく、各国のミュージシャンにも愛されている。最後#11と#12にはボートラ的扱いでヤマツカアイとデイデラスのリミックスを収録し、それぞれの個性で楽曲を再構築していてこちらも楽しめます。ちなみに僕は某タワー(隠れてない)で初回限定盤を購入。気鋭の写真家であるたけむら千夏を起用した48ページに及ぶ蛇腹ブックレット付き特別仕様版で、分厚い内容となってます(CDの収録内容は同じ)。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする