Penfold ‐‐Review‐‐

アメリカ・ニュージャージーの90年代初期エモを語る上では欠かせない伝説的バンド。既に解散しているのだが、2012年7月に最初で最後であろう奇跡の初来日公演を果たした。


Amateurs & Professionals

Amateurs & Professionals(2012)

   7月上旬の奇跡の初来日(おそらくこれが最後になるだろう)を果たした初期エモ界では伝説的なバンド、Penfoldの1998年発表の1stアルバム。Mineralと並んで初期エモを語る上では欠かせないバンドのひとつですが、僕はこのバンドはろくに知らなかったのが実情だったりする。

 んで来日報を機に聴いてみたわけなんだけど、叙情性に満ちたメロディ、感情的に歌い上げるヴォーカルがとても胸に染みる。スタイルとしてはまさにエモのそれだと思うんだけど、荒さも蒼さも哀愁も見事に昇華。現在のエモ系バンドとはまるで違うそのナイーヴな感覚、美メロが本当にグッとくる。繊細で清らかなアルペジオとナイーヴな歌を乗せた序盤から、内に秘めた激しさを表出していく#1「June」、女性コーラスを交えながら非常にドラマティックに展開する#2「M」、”泣き”の要素が美しく昇華されたバンド屈指の名曲#3「「I’ll take you everywhere」という前半の流れは本当に鳥肌モノ。力強さの中に染み渡ったこの儚さと哀愁がたまらない。ラストの#7「Amateur Standing」に至るまで初期エモの伝説とまで謳われる最高峰の輝きを放っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする