Piano ‐‐Review‐‐

「インテリジェンス・プログレッシヴ・エモ」とも評される音楽性でコアな層から支持を受けるUKの5人組。2014年に待望の1stフルアルバム『Salvage Architecture』を発表した。


サルベージ・アーキテクチャー

Salvage Architecture(2014)

 

 2枚のEPから6年を経てリリースされた1stフルアルバム。メンバーは医者や弁護士、会計士を職業に持ち、さらにヴォーカリストのDanに関しては、かつてTesseracTで活躍したのを覚えている方もいるだろう(現在は脱退)。そんなインテリジェンス集団が一体となってPIANOを形成している。

 本フルアルバムで彼等の作品を初めて聴く身ではあるが、華麗な構成美と蒼いエモーションの融和に胸を打たれた。プログレッシヴ~Djent的な演奏を下地に入り組んだ展開を成し、それでいてしなやかにメロディや歌を聴かせる工夫が効いている。メタリックなサウンドや変拍子を交えながらも、優美でアトモスフェリックな空間を紡ぐ本作のリード曲#3「Disappearing Ink」は、その特徴が大いに表れているものだろう。マスメタルを包括しつつ、叙情の波紋を広げていく#5「Dust to Dust」や#9「Ruin Ethics」も同様。ファルセットを使いこなしながら情念を放っていくヴォーカルは、蒼さと艶やかさがいい塩梅となっているし、キーボードの清らかなアレンジがドラマ性に拍車をかけている。

 細部にまでメロディに気を遣い、流麗でドラマティックな展開とともに涙腺を緩める7分超の#6「Neptune」もまた秀逸だ。スペーシーなサウンド・デザインがもたらす浮遊感や柔和でウェットな質感は、彼等自身の特性でもある。攻撃的な振る舞いも多いし、どこか憂いを帯びてはいるのだが、一貫して叙情性/芸術性を重んじたメロディアスな作風となっている点は、聴き易さにつながって強い魅力となっているように思う。ヴォーカルや演奏隊を含めてAnathema的な光とロマンを感じさせる#7「Forensics」、透徹した壮大で美しいハーモニーが宇宙へと響き渡る#10「In Memoriam」といった曲は、前述の要素にフォーカスを当てたであろう良曲である。

 卓越した演奏、蒼きエモーション、珠玉のメロディが贅沢なまでの上質な味わいをもたらす本作は、6年の歳月の中で自らの音楽性をスタイリッシュに磨き上げた賜物。芸術と叙情の果てに、多くの人々の心を動かす魅力を持った逸品である。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!