rega ‐‐Review‐‐

「プログレッシブ・ジャム」とも評されるツインギター、ベース、ドラムのインスト4人組。高い演奏力から表出する小気味良さ、躍動感を持つサウンドで一定層の支持を得ている。


Million

million(2009)

 プログレッシブ・ジャムとも呼ばれるインスト4人組のファーストフルアルバム。これはなかなか清々しいインストだ。ポストロックとかにありがちな静→動といった展開や、精神に押し寄せるような重さは無くて、軽やかでカラっとしており、風通しが良い。非常に解放的で耳に馴染みやすいのだ。近いのはスペアザになるんだろうか。けれどもレガは彼等よりももうちょっと真面目でストイックな佇まいだけど。

 小気味良いフレーズのループと躍動感のあるリズムで曲をリードしつつ、サラッと変拍子を入れたりジャムっぽく自由に音を混ぜ込んだり、4つ打ちなんかも入れたりするなど小刻みに変化を加え、徐々にスケールを広げながらグイグイとテンションをあげていく。後はツインギター・ベース・ドラムのそれぞれが主張を交えながらダイナミックなアンサンブルで心身を躍らせにかかる。それでいてこのシャープとキレのよさ。当然のことながら心地よいし、常に陽光を浴びているかのような艶があるのも妙な説得力を感じさせる。いい意味での緊張感と心地よさに終始包まれており、聴後の清涼感もバッチリなところも魅力的だ。しかし、緻密な作りが成されているようで、ひらめきによる即興のようにも思えたりするのは不思議な感じがするし、落ち着いているようでスリリングな興奮も孕んでいるところもまた不思議。とはいえ、楽曲としてきっちり昇華されており、いい意味での大衆性と派手さも備えている。思わず飛び跳ねたくなるファンキーなグルーヴ、随所に登場するエモーショナルな歌心。それらを実現するバンドの懐の深さ&表現力の多彩さは確かなものといっていいだろう。快楽中枢をロックオンする音楽、思わずそう形容したくなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする