サンボマスター ‐‐Review‐‐

愛と平和とロックを叫び続けるスリーピース・バンド。「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」でヒットを飛ばし、初期衝動と美しき日本語が一体となったロック・サウンドで今もなお人気を得ている。


終わらないミラクルの予感アルバム(初回限定盤)

終わらないミラクルの予感アルバム(2013)

 愛と平和とロックを叫び続けるスリーピース・バンドの7作目。僕自身は、テレビやベスト盤を通じて彼等の音楽を聴いてはいますが、オリジナル・アルバムをしっかりと聴くのは本作が初めてです。サンボといえば、山口氏の顔がまず思い浮かぶし、電車男の主題歌だった「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」が強いイメージを僕の中に残している。日本語を大切にしたメッセージ性の強さ、そしていつまでも忘れない初期衝動に溢れた真っすぐなロック。それが多くの人々の胸に刺さったのも頷ける。

 ただ、本作では音楽性を広げているのが如実に伝わってくる内容で、シンセを用いた曲がかなり多い。#8「愛したいし怖れないし急がない」のようにサンボがやってるとはまるで思えない曲はその象徴かな。不器用だからこそストレートに伝わるってのがこのバンドらしいと思ってたけど、ダンス・ミュージック風の装いからちょいと小洒落た雰囲気までを醸す本作における新要素/変化は十分にはまっている。それもロックンロールの芯の熱さや汗臭さ、生々しい響きとエモーションはそのままにして。その中でも特に、エレクトロニック・ビートと従来のサンボらしさが噛み合った#2「スローモーションラブ」は、特に印象的な曲に仕上がっている。また、いろはすのCMソングとして使われたロックンロール#1「ミラクルをキミとおこしたいんです」、映画・キス我慢選手権のテーマ曲#4「孤独とランデブー」も個人的には好き。打ち込みいれてもサンボは死なず。新しい一歩と共に着実に音楽的幅を広げた意欲作である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする